2006年07月24日 03:38 by コートニー

マクドナルド、いまのままではいらないです。

なぜなら、マクドナルドを中心とするハンバーガーコネクションが、エルサルバドルやブラジルなどの熱帯雨林の最大の破壊者だからです。

牛肉をつくる牧場の造成のために、多くの熱帯林が破壊されています。熱帯林には、動物たちもいれば、インディオなどの人も住んでいるのです。

タイオワ族などのインディオたちは、吹き矢とかで抵抗するけど、毒を飲まされたり、殺されたり、強制的に移住させられたりしています。

先祖伝来の土地がハンバーガーを作るために奪われているのです。

こんな、ハンバーガー僕は食べれません。(ベジタリアンなので、そもそも食べないですが。)

みなさんも、インディオの人たちのために、なるべく、ハンバーガー食べないでください。

むっちゃお金あったら、マクドナルド買収して経営を変えたいのですが・・・今は無理です。

エルサルバドルでは、熱帯林がなくなったけっか、町中に死体が転がるような戦争が起こったりしたのです。
(『地球環境報告?』石弘之著より)

みなさんも、よく考えてみてください。

あと、健康面でもどうですかね。添加物なんかもたくさん入ってそうだし、アメリカからの牛肉は放射線が当てられているというし、肉の食べすぎはコレステロールを増やしたり、脳卒中とかさまざまな病気の原因でもあると思います。

せめて、食べ過ぎたり食べ残したりだけでもやめてくれたらと願います。

サイト内検索