2004年07月21日 06:50 by matsuu

Gentooのメリットって、具体的に何があるでしょう。
portage、make.confによるインストール時の管理等、マシンを管理していく上でのメリットとか。

1: 口コミさん : 2004-10-03 09:18
http://japan.linux.com/desktop/04/10/01/029248.shtml?topic=1
↑この記事がうまく比較してるんじゃないですかね。

“ホームユーザーには手ごたえのある娯楽”って記述に激しく同意でした。
2: 口コミさん : 2004-10-03 13:33
私はホームユーザなので娯楽的な一面が強いですね。
Fdoraなども使って入るのですが、インストールした時点で良くも悪くもFedoraの色が出ています。その点、gentooなら一から構築するので自分ごのみになります。
それと、依存関係を自動解決してくれるのは良いですねぇ。

あと、これは別にメリットでも無い気がしますがgentooをベースとした1CDLinuxの開発が容易でした。
もともとインストーラーが無いため、chroot下に1CD用の環境を構築するのも普通のインストールと同じ感覚でできましたし。依存関係を気にせず、好きなパッケージを入れれたのも良かったです。
3: 口コミさん : 2004-10-03 13:58
わたしの場合、portageの次に、コミュニティーですね。とても感じの良いコミュニティーを持ってます。(たまには、irc.freenodeの#gentoo-jaや#gentoo-amd64にいますので見掛けたら声かけてください。)

Gentooは、カスタマイズがとても自由にできるのですから、システムいじりが好きでインストールの時多少手間をかけても良い方のためディストリビューションだと思います。要するにPower User系のためのディストリビューションですね。

メリットっていうか、好みですよね、この辺。わしはもとRHLユーザーですが、Gentooはわしのニーズにあってますので。

主にワークステーション(デスクトップ)として使ってます。サーバー専用マシンを建てようと思ったら、多分それもGentooでいきますね。
4: 口コミさん : 2004-10-15 00:35
Debianからの乗り換えユーザです.
Debianと比較して新しいパッケージを入れたいと思ったとき
簡単にインストールできると思います.

Debianですと新しいパッケージをインストールしたければ,
結局不安定版に手を出さざるを得ない様な感じですが
Gentooですと安定さを維持したまま最新のソフトを
インストールできると思います.
5: matsuu : 2004-10-15 06:57
サーバ用途ではやはりUSEの存在が大きいと思います。
PostgreSQL対応のPHPとか、コンパイル時にオプションとして設定するタイプのソフトウェアは、バイナリパッケージで全パターンを提供できず、結局自分で一からコンパイルすることになってたりするので。
6: 口コミさん : 2004-10-16 20:32
初心者の人にこそインストールしてもらいたいですね....あとあと困らないためにも。

私が魅力に感じているのは緩やかなコミュニティーと最新版をソースから一発入れられる所ですね。

まあ、一番は触ってて楽しいってところですね。(逆にそう感じられない人は使ってて辛いのかもしれません)ちなみに、私も Debian から流れてきました。
7: 口コミさん : 2004-11-15 10:56
初めまして。遅ればせながら参加させて頂きます。

メリット:
・USEフラグは非常に便利で小回りがきく
・システムの奥深くから最適化出来る
・インストーラがないが、それが逆に勉強になる
・emergeはインストール作業が楽

デメリット:
・HDDに余裕がないと入らない
・CPUに余裕がないと辛い(distccで回避可能)

こんなところでしょうか
・時たま罠パッケージ
8: 口コミさん : 2005-01-18 10:01
Apache2.0のコーディングの罠に、アップデートのたびに
はまらなくてもすむところが良いですね。
etc-updateは良くできていると思います。

サイト内検索