2010年05月07日 14:59
はじめまして。今年の4月から嫁に変わって4ヶ月間の育児休暇に挑戦しています。皆さんで育児休暇を取っている方、または取った経験がある方いらっしゃいましたら、その感想でもアドバイスでもなんでもいいので書き込んで下さい!双子座

レス

1: 口コミさん
お疲れ様です。

過去トピありました。

ご参考にどうぞ。
/topics/28476597&

2010-05-07 15:55

2: 口コミさん
まさしく「男の育休」というコミュニティの管理人をやっております。
よかったらのぞいてみてください。
view_community.pl?id=1198428

2010-05-07 17:52

3: 口コミさん
こんにちは

平成18年1月から3ヶ月間育給をとりました。
当時の日記を見てください。
当時の小泉総理のメルマガにも寄稿しました。

良かったらご覧ください。

http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2006/0706.html

頑張ってくださいね。

2010-05-07 18:12

4: 口コミさん
過去ログ見ましたが、環境は日々変化してますから、私も今の意見、聴きたいと思ってます。

私自身は、以前の上司には言い出せない印象でした。

2010-05-07 19:43

5: 口コミさん
過去に二人の娘のために二度の育児休業を取りました。
この3月までの1年と、4年前にも1年とったので、合計2年間。

公務員なので、職を失う心配はありませんでしたが、上司がいい顔をするわけでもなく、その後同じ市内で男性の育児休業取得者の話も聞かず。
育児休業をとったことを、女性は褒めてくださる辺り、まだまだ男性の育児の参加は世の中の流行りにはなりつつ(イクメンとか)あっても、ニーズとしては少ないのかな、と思ったりしました。

仕事復帰が近づくにつれ、夏休み明けの近づく学生みたいな気持ちになったり、毎日家事に追われる平凡なリズムに不安を感じたり、妻一人分の給料しか出ないことでちょっと経済的にも不安になったり。

でも、大人として、父親として、子供に関わったとこは大きな自信になったと思っています。
子供が赤ちゃんから人間になっていく瞬間に立ち会えたのは、責任もあるけれど幸せでしたよ。

長文、失礼しました。

2010-05-07 20:43

6: 口コミさん
嫁が今月仕事復帰しまして、次は俺が育休入りたいな〜

いえいえ金がヤバイんで共働きしないとあせあせ(飛び散る汗)

2010-05-07 21:38

7: エミヒカ
すいません一つ素朴な質問

なぜ父親が育児休暇をとるのですかexclamation & question

とって何をするのでしょうかexclamation & question

悪意はありません、ただ同じ男として必要性がわからなくて…

2010-05-07 21:52

8: 口コミさん
育児休暇…とは言い出せませんでした。もう来なくていいexclamationと言われそうで。嫁さんには負担をかけてしまったと思います。

2010-05-07 22:20

9: 口コミさん
妻に替わってということは、お子さんは何ヶ月になったのでしょうか?

母のいない間は、ミルクですか?

いろいろ大変なこともあると思うけど、これからの時代、もっと増えてくるといいなぁと思っています。

男が育児をしないと、働きたい女性が働けないですからね。

がんばってください。ぴかぴか(新しい)

2010-05-07 22:30

10: 口コミさん
2歳の息子と1歳の娘のパパです。
来月に第3子が生まれる予定なので、出産後3ヶ月ほど育児休暇を取得予定です。
今日職場に休暇申請出しました!

2010-05-07 22:58

11: たけのこ
妻の立場から(結婚14年、3人の子持ち)

皆さん素敵です♪

旦那様が育児休暇をとるという事は、奥様が里帰りなどしないで、家族全員で新生児育児をするという事ですよね。素敵すぎます。

私自身、3人の子供を持ち、実家や義家庭に里帰りをしましたが、やはり旦那様が恋しく、上の子供達が心配で、産後という事もありましたが、情緒不安定になる事もありました。

そんな時に、旦那様が育児休暇をとり、自宅で過ごせるという事は、奥様の精神的ストレス軽減にもなりますし、素晴らしい事だと思います。

まだまだ社会的に理解されにくいかもしれませんが、ご自身の家族の為、可能な限り頑張って下さい。

新生児育児。家事。大変ですが頑張って下さい。


男の子育てコミュに女の意見すみませんでした。

2010-05-07 23:14

12: 口コミさん
「育児休暇取得=公務員」のようなイメージがあるのですが、実際に育休を取られた方はどのようなお仕事をされているのでしょうか?
また、奥様はどのようなお仕事なのでしょうか?

2010-05-07 23:25

13: 口コミさん
僕は1人目が半年になった時に奥さんが仕事復帰したので、それを機に仕事を辞めて、1年半ほど完全に専業主夫で育児に専念していました。最近2人目が出来たので、今度は仕事はやめませんが、3ヵ月だけ育児休暇を取る予定です。

世界・視野が広がると言う意味でいい経験だと思いますよ。

極端な話、「親はなくとも子は育つ」と言いますし、nobady is perfectなので、肩肘張らずに疲れすぎない程度に育児してください。

4ヶ月という期間だと微妙かもしれませんが、数は多くなくても良いので、けっこう仲良く出来るママ友を数名作ると精神的に助かると思います、経験的に。

2010-05-07 23:37

14: 口コミさん
> エミヒカさん

エミヒカさんは、母親が何故育児休業を取得する必要があると考えてるのでしょう?
育児休業を取得した母親が育児休業中に何をすると考えていますか?

職場で男女が同じ待遇だったら、判断の決め手を欠きませんか?

2010-05-08 00:01

15: 口コミさん
育休、少しずつですが普及してきているのですね。


私は昨年12月に出産しました。今年1年は私が育休を取り、来年はだんなが取る予定です。だんなは育児にとても関心があり、かねてから育休をとりたいと言っていました。


と、この話をだんなの実家でしたら、大反対されました。

私としてはだんなの人生だし、悔いのないものにしてほしいです。子どもにとってもだんなと過ごす1年は大事なものになるのではないかと思います。


まだまだ世間の目は男の人の育休に厳しいのかもしれません。


「でもそれを育休取ることで変えていかなきゃ」とだんなは言ってます。

2010-05-08 00:28

16: 口コミさん
様々な家庭の形、育児の形があると思います
私も育児休暇を取れる状況であれば、是非やってみたかったです。

育児休暇を取れる方はその時間を大切にして下さい。
そして人生の貴重な経験を得られることを期待しています。

2010-05-08 00:45

17: 口コミさん
> エミヒカさん
仕事好きなんですね(笑)俺は仕事行きたくないから堂々と休めるww!
それに子供との時間増えるじゃないですか!←当たり前

2010-05-08 01:08

18: エミヒカ
>いなほさん

あのぉー、それぐらいは誰でも分かるでしょう(笑)

私が言いたいのは二つ
1、男性が女性の変わりを真剣にできるものなのかexclamation & question

2、内の会社の今後の参考にしたい、

その家庭のやり方があるし、女性の社会進出はいまや目覚ましい物がありますし、中には女性のが稼いでいる家庭もあるので、否定はしませんよグッド(上向き矢印)純粋な疑問です♪d(⌒〇⌒)b♪

>凪さん

仕事ですかexclamation & question好きか嫌いかと聞かれたら嫌いです(笑)ただ趣味も仕事も子育ても遊びも全力でやりたいだけなんで(笑)

因みに私は男の育児休暇は駄目だexclamation ×2なんて一言も言ってませんよ、時代は多様化です、いろいろな考え方でいいんじゃないですかねグッド(上向き矢印)

2010-05-08 07:47

19: 口コミさん
育児休暇・・・取りにくいですねバッド(下向き矢印)他のサイトですが女性意見としてこんなこと言ってました。
「男の人の育児休暇なんてただの長い遊び休みになるだけだから仕事行ってもらってる方がマシです手(パー)でかい子供の面倒見てられませんバッド(下向き矢印)」って・・・     
男の人の育児意識がまだまだ低いのも問題ですよねダッシュ(走り出す様)実際周りにもパチンコばっか行ってる人いますしバッド(下向き矢印)

あとこの不況も取りにくい原因の一つですよねあせあせ(飛び散る汗)
公務員の人がうらやましい泣き顔

2010-05-08 08:25

20: 口コミさん
私が、育休とった当時は、マスコミにもてはやされました。
旬だったのでしょうね。

今や、不況と政局不安で男性の育休取得推進どころか、女性ですら、安心して仕事復帰出来ない状況ですよね。

公務員だから民間だからと関係なく、法律で認められた、大切な権利です。

有効、有意義な事にしましょう。

2010-05-08 09:38

21: 口コミさん
>エミヒカさん

(原文をちょっと入れ替えました。)
1、真剣に、男性が女性の変わりをできるものなのか
 授乳以外は、差異はないと思います。
 寝かしつける時に、母乳を飲ませながらでないとダメ、という習慣がついてしまうと厳しいので、生まれた時からの計画が大切だと思います。完ミ又は、寝かせる時は半ミとか。

 外出できるようになったら、周囲の親御さんはほぼ女性ですから、そこに臆せず入っていく気構えは必要です。子供の社交性やら情報交換やらを真剣に考えると、そこで躊躇する様では、日本男児としての気合に欠けるように思います。

(原文のまま)
2、男性が女性の変わりを真剣にできるものなのか
 当事者に対しては「真剣にやれよ。」です。
 上司としての懸念ならば、上記1のとおり、色々考慮すべき事象があることを説明した上で、取得の可否・時期の調整を図るのでしょう。

 「内の会社の今後の参考にしたい」とのことですから、管理者側の方と捉えてよろしいでしょうか?
 育児休業は、「男性が育児の主体者となるために取得するもの」だと思います。そういうことでないと、大きな子供が長い休みを取っただけ、という非難の根源になってしまう上に、会社側も子供をダシに会社をサボる社員の格好の餌食にされてしまうだけでしょう。
 取得する社員さんからは、そういう実体上の担保を事前の打ち合わせなどでしっかり取っておく必要があると思います。


とは、べ・つ・に!
>あのぉー、それぐらいは誰でも分かるでしょう(笑)

“果たし状”かと思いました。
対面接客でない場で、意見を募るならばそれなりの配慮をすべきと思います。
私には、当初の質問からは直近の通りの趣旨は読み取れませんでした。
その上で、同じ男性として、真摯に考えた意見をお話しました。

2010-05-08 09:49

22: 口コミさん
中小企業の社長をやってます。

やはり、今の業績を考えると、面と向かって育児休暇を求める社員に重要なポストをお任せできないと考えてしまいます。

お客様は待ったなしですし、社内の都合は考慮してくれません。

専門性の高い職種なので、簡単に人員を一時的に補完できません。


正直な感想としては、面接時に
「育児休暇を取得する予定はありますか?」と伺いたいぐらいです。


それが、今社会の末端で奮闘している中小企業の実態です。

2010-05-08 12:24

23: 口コミさん
主に エミヒカさんに向けて。

私の感覚と2年間の育児休業の経験からでは、男性が「女性の代わりに育児をする」のではないと思います。
家事についても同じです。
私の感覚でしかありませんが、男性が家事や育児をすることのメリットは、男性が家族の一員としての役割をきちんと担える点にあると思います。
子供にとって、妻にとって、自分にとって、家庭にとって、父親の場所がより大きくなる、といいますか。

また、違う言い方をすれば、育児や家事は女性にしかできない仕事ではないということ。
女性のほうが優位(有利?)な仕事ではないということではないでしょうか。
(授乳が女性に優位なのは当然かと思いますが。)
いなほさんのご意見と重複しますね。

ちなみに女性が育児ノイローゼになるように、男性だって育児を専門に受け持つ期間は、そのことに専念するあまりノイローゼになることは当然にありうると思います。
私は、育児の協力者として妻の両親がいたり、復職後の心配が(おそらく他の企業で働く皆さんに比べれば)殆どないことなど、育児休業の取得に良好な条件が整っていたと思っています。が、それなりの苦労も悩みもありました。


さて。では、同じ商売の同じ世代の男性が、(これだけ育児休業が取りやすい環境にあっても)同じように育児休業をとろうと考えているかというと、その様子はありません。

男性が育児休業をとることの社会的なメリットが、何かのデータで出てくるようにならないと、腰が重いところは一個人としても、企業の側としてもあるのではないでしょうか。(でてるのかな。データ。)

2010-05-08 22:01

24: 口コミさん
>公務員だから民間だからと関係なく、法律で認められた、大切な権利です。

建前的には全く持ってその通りなのですが、民間で取得するのは難しいのではないかと思いまして、私は取得されている方の仕事等を知りたいと思いました。
実際に取得されている方は公務員の方か、あるいは世帯主が奥様(要するに奥様が稼いで旦那が主夫をしたほうが経済的にメリットがある)かのどちらかが大半ではないかと勝手に思いました。
ですから、経験者の方は、そのあたりも教えていただけたらと思います。

2010-05-08 22:03

25: 口コミさん
「育休でキャリアアップ」

 それは、絵空事でしょうか。

 ママで、しかもマスコミという特殊な仕事の者で恐縮ですが、2回の育休での経験、実感をつづらせていただきます。

1,合法的(?)に仕事から離れる!
 本当は会社のお金で留学なんてできたらステキですけれどそれってほとんど不可能な中、1ヶ月〜の育休は10年とか延々続けてきてこれからも延々続く仕事からいったん離れてみる数少ないのチャンス。わたしは自分の仕事の意義や意味、これから先どういう会社人人生を生きていくのか考えるいい機会になりました。なにより、リフレッシュできる!

2,やりたかった勉強・社会活動をする
わたしはテレビ以外のメディアを知りたかったので、区の「子育てサイト」制作のボランティア(託児つき)に参加しました。これは結果的に復帰後テレビとネットの連動のプロジェクトに参加し、大いに生きました。年賀状などでこうした取り組みをさりげなく上司に報告し、ポイント稼ぎしました。(笑)
 また、仕事のいろんなノウハウ(会議の進め方、ホワイトボードの書き方なんという初歩編も含め)が重宝がられて、「仕事って社会活動にこんなにいかせるんだ!」と仕事への愛着を深めることもできました。

3,ネットワークを作る
 前述のボランティアやご近所づきあいなどで、10年会社関係しか友達いない、という状態から脱却しました。今でも友好関係は続けさせていただき、お客さん(視聴者)のニーズを探ったり、出演者を探したりするのに活用しています。

4,「子育て経験」を仕事に生かす
 私の場合は、育休中からそれとなく「子育ての経験を番組づくりにいかしていきたい」とアピール、レポートじゃありませんが非公式の形で企画を上司に伝えたりしていました。ちなみに、復帰第一作は「お父さんのワークライフバランス」でした。(笑)

 長文になってしまいました。冒頭で申し上げた通り、私は母親ですし、マスコミはかなり特殊だと思います。
 しかし、マスコミ以外でも、育休を仕事に生かす芽のある職種はあるのではないかと思います。(メーカーとかどうなんでしょう?営業の方も、地域生活、宇宙人=赤ちゃんととことん向き合う生活はすごく実りがあるんじゃないかなあ)

 実際にパパで育休をとられた方で「我こそロールモデル」という方がいらっしゃったら、経験談をお聞かせいただきたいです。

 

2010-05-08 22:33

26: 口コミさん
>あやさん

そういえば。
育児休業中は仕事を離れていたので、今までやれなかったことをチョットやってみたりしましたよ。

毎週日曜に(子どもは妻が見てくれるから)合唱団に参加して、年末に第九を歌ってみたり。

地域の子育ての関連施設をはしごしたり。

新築の注文住宅のプランを考えながら、ハウスメーカーやモデルハウスをめぐったり。(で、色んなノウハウを学んだので、結局地元の工務店におまかせ。)

育休を仕事に生かす、ということも、教師という商売はほぼ直結です。
子どもに「育児休業をとったよ」と話すだけで、「家族を大事にする大人」確定ですから。
家族を大事にする大人は、自分たちを大事にしてくれるに違いないって、そう考える子どもさんは結構います。
そして、保護者受けも悪く無いです。特に母親。

育児休業明けには、地域の子育てのためのサイト開設に参加する仕事をいただいたりもしました。

2010-05-08 22:51

27: 口コミさん
>ノブさん

公務員にとっても育児“休業”ですから、配偶者の収入が無ければそんなことは出来ません。

公務員であっても、“イクメンかぶれ”のレッテルを貼られ、法律で定められた“子の療養休暇”を申し出ても、“何言ってんの?”とイヤな顔をされ、“信用失墜”の一言で、民間ならば取るに足らないであろう行為をネタに、不利益な処分を受けることは十分にあるのですよ。
公務員の世界は、公務の一貫性という名の下に、前例、横並びが基本とされています。
使用者の公私を問わず同じ人間が判断するのですから、手段は違えど結果は同じです。

つまるところ、育児休暇は職場からの明に暗にの“ボケカス呼ばわり"に耐えて、又は職場へのメリットを醸しながら、どれだけ育児にウェイトを置く覚悟があるかどうか、に懸かっているように思います。

2010-05-08 23:15

28: 口コミさん
>いなほさん

コメントありがとうございます。
そのへんは十分に理解しているつもりですが、私は、結果として実践されているのはどのような職業の方なのか、ということが知りたかったのです。

ただ、公務員の場合は「クビにならない」という点で民間とは大きく異なりますね。





2010-05-09 07:40

29: 口コミさん
うちの会社も制度は規定されていますが、実際利用してる人は残念
ながら、まず聞きませんね。
その代わり「有給休暇」とは別に数日設定されている「特別休暇」を
利用している人はそれなりに見かけます。



これはあくまで私見です。
皆さんが携わってる仕事や家庭事情によっては通用しないと思います。
その方たちを批判したりするつもりはないので、前もってご容赦頂き
たいと思います。

女性が育児休暇を取ってよくて、男性がとってはいけないという考えは
成立しないと思います。

仕事に影響する等々の話も見受けられますが、女性が産休・育休とった
からといって業務が破綻することは聞いたことありませんし、今までも
体調不良による急な長期休暇や退職という事態があっても、何だかんだ
「何とかなる」ものだと思います。

ましてや育休は何ヶ月も前から判ってる話で、社内で了解・調整すれば
良いだけのことです。
もちろん「明日から○ヶ月育休取ります、あと宜しくね!」なんて
ことは問題外ですが。

しかし家庭に特段の事情が無い限り、男性が育休を利用すべきでは
ないと考えています。
男性の育児休業は育児に関するリスクマネジメントの一手段と考え、
取得する場合は、経営側と同僚は快く協力できる環境を整備すべき
なのは言うまでもありません。


最後にうちの会社は「日々の残業を1時間減らしましょう」とアナウンス
していますが、むしろ「毎週○曜日は絶対定時で帰れ!」とすべきだと
常々上司と話してます。
うちは毎日21時退社が普通ですが、他を22時退社とする代わり1日は
定時で帰る方が妻も子供も喜ぶと思うからです。
もちろん1日定時で帰りつつ、それ以外の日も1時間早く帰れれば、
それが最高なんですけどね…

2010-05-09 08:32

30: 口コミさん
>ノブ様・いなほ様

内閣府がパパの育休体験記というのを発行しています。
http://www8.cao.go.jp/wlb/change_jpn/taikenki/h20/index.html
これを読むとやはり公務員が多いと思います。

ノブさんがそんなことをするとは思いませんが、世論が、だからと言って公務員はいいなぁ、という議論にしてほしくないように思います。

育児休業や介護休業など、社会には必要でも、生産性に反することになるような制度というのは、どうしても公務員がパイロットになってやっていくしかないような面もあります。
また公務員も最近は忙しくなっていて、やはり取得者は明に暗に「ボケカス呼ばわり」される可能性はないとは言えません。

余談ですが、私は、児童福祉や保健、教育委員会などを担当する可能性のある地方公務員は、育児に向き合わなくてどうするんだ、と思うところもあります。子育てもやろうともしない人が児童福祉政策を書くなんてナンセンスです。保育園の申請受け付けにいる男性職員の中には、福祉を左遷職場ぐらいに思っていて意欲がなく、話がわからない人がいますね。

2010-05-09 08:41

31: 口コミさん
> ノブさん

首にしたら、法律違反です。経営者に何らかの処分が下されるはずです。

しかし全企業数の8割は占めるであろう、中小零細企業は、従業員も確かに、大切ですが、会社の存続の方が大切です。

前述の社長さんのようにジレンマが多いと思います。

1、変わりの人材がいないから取得を認めない。

2、首には、出来ない。自主退職を迫られる。(この場合、職安に申し出れば、結局会社都合と認められます。)早い話リストラです。人件費削減ですね。

公務員と大企業でも無い限り、非常に難しいですね。

要は、『代わりの人材』がいるかいないかが、大問題です。

自営業の商売している人は、その間、店を閉めるのですか?

取れる環境にある人は、有効活用してください。しかし、取りたくても取れない環境の人が大多数占めている事は、解ってください。

2010-05-09 08:51

32: 口コミさん
パールファーザーさま

言い当てて下さっていてありがとうございます。


公務員さんをはじめ大企業の方々と、私たち零細企業の者とは
なにか隔世の感すら感じます。


零細企業が生き残るためには「代わりが利かない」と言うキーワードが大変重要になります。

誰でもいつでも代わりが利く仕事であれば、最後は値段勝負になってしまい企業の存続がおぼつきません。
理論的には必ず大手に負けてしまいます。

「じょんのびさんにしてもらいたいんだ」って言っていただけるお客様は絶対的な存在なんです。

1ヶ月と言う穴が簡単に埋まってしまうという事実は、その人の業務の質を暗に示しているようにすら感じますが如何でしょうか?


「結果としてどこでも埋まってるじゃないか」というご意見もおありでしょうが、これは残った人間が寝る間も惜しんで、会社のために文字通り必死で努力した結果、埋まっているのです。

その後で、戻ってこられても。。。。。。。。。。。


法律が許してくれても、道理が許してくれませんね。

2010-05-09 10:10

33: 口コミさん
 中小企業と言われる方々の実情を調べずにあれやこれや言うのもなんだと思い、ネット検索した時に、次のページを発見しました。
(中小企業が「仕事と育児の両立」に適している面がある背景 中小企業庁発行の白書)
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h18/H18_hakusyo/h18/html/i3380000.html

 おおむね大規模企業、官公庁は休業制度を整備、中小規模企業は柔軟な勤務時間管理で対応することで育児への関わりを持つ工夫がされているという趣旨でした。
 そう考えると、休業に限った場合は、おっしゃるとおり規模の大小で取得し難い場合があるのだろうと推察していました。

 代わりの有無という点では人数や組織的なフォローの面で分が悪くても、仕事と家庭を両立しやすい職場環境づくりに力を入れた結果、製造製品不良率が低下するなど、企業経営に具体的な効果があった例もあるようです。
 育児との両立のし易さをテコに、“有能な人材の定着、新規の人材確保、モチベーションアップによって企業経営にプラスに寄与する”という考え方はどうなんでしょう?

 すっぱり休業する、というのでなければ、中小規模の企業でも十分対応できる。ということには、なるのでしょうか?

 “なるほど”、という着地点があるのかどうか、知りたいところです。

2010-05-09 15:19

34: 口コミさん
なんとか白書などの役所発行のものは読んでいて
「そんな考えもある」とは思っても
「そのとおり」と思える内容では・・・

2010-05-09 16:42

35: 口コミさん
会社毎、家庭毎の事情があり、必ず時も法律に則った対応は出来ないと思います。
(っていうか、殆どは無理とも…)

会社・家庭双方ともニーズが一致できれば最高ですが、そうでない場合でも
お互い話し合って妥協点を見出せれば良いですね。
労働者側は言うに及ばず、雇用者側としてもせっかく育てた人材を手放したく
ないはずですから。

2010-05-09 17:11

36: 口コミさん
隅々まで読んだわけではありませんが、少々論点がずれているように感じました。


多くの視点がキャリアアップ(昇給と昇進)にあてられていますね。
企業も規模が大きくなると、発想が内向きになりがちな典型と感じました。

福利厚生では大企業に圧倒的に負けてしまいます。
そこに目を向けて優秀な人材を確保しようなんて、自ら負け戦を仕掛けていくようなものです。


エンドユーザーとより近い関係を築ける私たちの一番のモチベーションの維持は、お客様のありがとうの言葉です。

「じょんのびさんに設計してもらってよかった」
「本当にいい家になりました」
って言って頂ける喜び。

この部分に本質的な共感が無い社員は、弊社では伸びないと思います。


給与や福利厚生でのモチベーションは際限がなくなります。
30万円のお給料を上げた翌年には35万円欲しくなるものです。
育児休暇を1ヶ月あげたら、次は3ヶ月欲しくなるものです。


しかし、

じょんのびで仕事をしたら、最後にお客様から感謝された。。。
感動!!!

この感動は、次も欲しくなってしまう上に、無限に求め続けることができます。
結果として、企業が伸びていくのです。


中小企業の社長は人事部の部長でありません。
全てに気を配り、全体として士気を高める工夫を考えています。

育児をしていて本当に困った場面があれば、会社としてバックアップしますよ。
私も育児をしながら会社を経営しています。

「共に行う育児」と「制度としての育児休暇」は、全く別の議論だと思います。

2010-05-09 18:00

37: 口コミさん
「仕事サイコー!」というお話も、どっちが間違ってるというお話も、「育児を体験してキャリアアップにつなげよう」というお話もここでは必要なくて…

? 育児休業を取得した人は居るか、居たら経験談
? その逆の立場の考え
? 休業が取れないということなら、そういった企業でも“こういった方法ならば双方が納得できるかも”という可能性

を話合う(負かし合う方向でなくて)ことが求められているのではないですか?

 縁あってここで同じテーマの下に集ったのですから、イヤイヤ君、ダメダメちゃんで終わらずに、自分の周囲で働く者が仕事と育児の両立を図りたいと考えたとき、
? 会社としてどのようなバックアップができるか(休暇だけでなく)
? それは経営者の頭の中だけでなく社員に対してどう提示しているのか
教えていただけますか?
(阿吽の呼吸だという話もありますが、阿吽の呼吸で言い出せない雰囲気を感じているという場合もありますから。)

 自分で編纂していないナントカ白書。
 役所だから、どこが出したからと十把一絡げにに採否を決するのは稚拙に過ぎますが、積極的に良い方向を向くために、いろいろな考え方や方法を探るのは良いことだと思い、たたき台としての“実例”を紹介したく、提示した次第です。

2010-05-09 23:43

38: 口コミさん
現実は無理です。

中小零細企業で数ヶ月休むと会社じゃなくて、同僚に迷惑がかかります。

一人かけたら一人補填ってのが現状です。

わかってて休めます?

2010-05-09 23:51

39: 口コミさん
うーーーーーーん。。。。。。。。。




白書もそうなのですが、どこか行間に感じる結論ありきの論調に共感を感じないのだと思います。


良き企業とは。
という、ステレオタイプに中小企業を当てはめるには、無理があると思います。


正直、厚い福利厚生を求めるのであれば、弊社に入社すべきではないと思いますし、そのような希望をもって入社すれば互いに不幸です。

ご自分の希望に合った企業を選ぶことは、職業選択の自由とともに自己責任の問題です。

企業選択の判断材料として、出来ないことを正直に出来ないということは、むしろ真摯な態度だと思っていますが如何でしょうか?

2010-05-10 09:07

40: エミヒカ
いなほさんが言う通りいいか悪いかは他にトピ作って論争したほうがいいよ(笑)

恐らくこのトピは育児休暇については前向きな考え方なが前提でしょうからグッド(上向き矢印)

>いなほさん

>果たし状かとおもいました

そんな大袈裟な、お気に召さなかったら謝りますよ、以後気をつけますスイマセンm(__)m

2010-05-10 12:34

41: エミヒカ
>じょんのびさん

はじめまして(=゜-゜)(=。_。)

経営側からの考えを労働者に言い聞かせるのは絶対無理です、経営側と労働側ではそのぐらいの隔たりがあると個人的に思います、じょんのびさんが言ってる事は経営側から言わせれば至極普通のことなのですが、ここは前述したように育児休暇がいいか悪いかではなく、どのように育児休暇を利用するかが恐らく前提なんだと思われます

新しいトピを作ることをおすすめします(._.)_

2010-05-10 12:48

42: 口コミさん
障害者福祉の仕事してます。

うちはまだ一人目ですが、二人目が生まれたら育休を取ってみようかと思ってます。
正直仕事を長期間休む事で気になるのが、担当している利用者への影響なので、休暇を取るまでの期間でどれだけの引き継ぎができるかが問題にはなってきます。

職場としては「取れるものは取りましょう」と育休には施設長をはじめ賛成してくださっています。

私はそもそも保育士でもあるので、自分の子どもと過ごす時間が長いのはとても嬉しいものです♪(普段から嫁さんのレスパイトケアで娘と二人きりで過ごす時間は作ってます)

2010-05-10 12:59

43: 口コミさん
えーと

私はコンピュータのエンジニアで3ヶ月の育休をとりました。
会社では初だったみたいです。
その後、私の後輩も同じくらいの期間の育休をとりました。
会社の規模としては中くらいではないかと思います。

あと私の友人で大手銀行に勤めている人は
一年間、有給で育休をとったそうです。

以上です

2010-05-10 12:59

44: 口コミさん
私の職場は子供休暇というのがあり、病院に行った証明があれば休めます。

2010-05-10 20:21

45: 口コミさん
 男の育児休暇という話題だけで結構盛り上がりましたね。みなさんいろんな意見をお持ちだということがわかりました。

 今までは、男が外で働き、女は家で家事育児という習慣が続いていたのですが、時代の流れとともに、この習慣では男が外でストレスが溜まったり、女性が外で働けなくなったりと改善しなければないないという考えがでてきたのだと思います。その1つの解決方法が男の育児休暇だと思います。

 無理に全ての男が育児休暇を取れということではないでしょう。今までの習慣がいいと言う人は、そのままの考えでもよいかと思いますが、そうでなく、改善して行きたいという人も生活しやすい環境を社会全体で作っていく事が大切かと思います。

 今の社会で変えていった方がよいことは、みんなで意見を上げ、実現していくこととで、自分達の子供はもちろん、何百年後、何千年後のわれわれの子孫が楽しく人生を歩むことにつながっていければと思いました。

 ちょっと固い意見ですみません。

2010-05-11 01:01

46: 口コミさん
もういっちょ書き込みさせてもらいますね。

男性の育休の意味としては女性の就労に重点を置きがちですが、男性が育休を取ることによって夫婦で子育てをできるというのが一番のメリットかと思います。
近年の核家族化で子供と一対一で、昔に比べると子育てをすることから虐待やネグレクトが起きやすくなっているのが現状です。
実際子供がぎゃん泣きしているとき、もう一人が側にいるのといないのでは精神的なストレスは雲泥の差です(実体験)。


確かに社員の育休による会社の負担というのは大きいと思いますし、このご時勢余分な社員を雇用するのも厳しいかとは思います。だからこそ、政府は子ども手当てとかではなく、そういうところにお金を使っていくべきなんじゃないでしょうか?

2010-05-11 03:51

47: 口コミさん
男性に限らないのですが、育休はとれても、その間の給与はゼロってところが
多いのではないでしょうか?
健康保険とか住民税を取られると、逆に育休中に会社にお金を払いに行くことに
なったりしませんか?

民間だと、職場で入っている共済にもよるかもしれませんが。
公務員は給与の8割くらい出るらしいので、育児休暇を取る人が多いですね。

2010-05-11 18:01

48: 口コミさん
1年休んでも給与がでるのであれば、また話は違ってきそうですね。

通常、育休は無給だから、我が家のような奥さんが専業主婦なら取得は無理ですね。

2010-05-11 22:59

49: 口コミさん
へぇ〜公務員は給料の八割でるんですか。
やっぱり民間とは条件が全然違いますねバッド(下向き矢印)

2010-05-11 23:54

50: ジョリー!
現実的に
・妻が専業主婦
・核家族
ってなると 取ったことによって 家の収入がなくなる、もしくは大幅な減額になるんで 一般企業に勤めてる人では取得は難しいでしょうね。(自分もその1人です)
今の世の中、会社も経費削減で 人件費を削ってます。
クビにはならないとは思いますが、直接でなくとも 降格や異動はあると思います。
自分の場合、3交代で大型連休以外は常に稼働してる企業に勤めています。
4班4人(去年まで5人でした)で6勤2休。1人でも欠けるとものすごい忙しいです。(1日や2日ならだれか変わりに休日出勤すれば良いですが、何ヶ月ともなると…)
交代手当てがあるので 家庭が成り立ってるわけで 基本給のみでは とてもじゃないけど家庭は成り立ちません泣き顔
うちの会社では 一応育休は取れますが、給料が基本給の4割しか出ない(調べた当時)ので 事実的にはパート程度の収入でやっていかなくてはいけません。
アパート代にも満たない程度の収入で尚且つ、育休終わって交代勤務に戻れる保証もない、周りからは「忙しかったぞっ」って目で見られる状況では とても取れませんげっそり
今では 市町村によって 育休取らせた企業や個人にいくらか貰える制度を導入してるところもあるみたいですけど。
素晴らしい制度ですけど 一般企業では現実的な制度でないのかもしれませんねげっそり
それよりも 残業させない、休日は必ず休ませるってほうが家計にも良いですウッシッシ

2010-05-12 09:31

51: 口コミさん
もう7年前ですが長女が3ヶ月のとき広告代理店を辞めました。赤ちゃんって日々育つから、昆虫とか飼ったときと同じ興味でそれをつぶさに見たいと思ったのが理由です。当時は育休という選択肢を思いつきませんでした。で、そのまま就職せず今は福祉ジャーナリストとして活動してます

ちょっとマクロで見てみましょう

育休は、それだけで考えては価値が見えてこないと思います。介護、病欠、休暇などすべてひっくるめてのワークライフバランスでしょう。スウェーデンのことを取材したら、社員の2割はいないものとして組織を作っているそうです。育休、介護休暇、病欠にバカンスなどを想定すると、2割ぐらいの社員は休んでいるのが常だとか。オランダはワークシェアリングの国ですね。ただ外国のことですから、これまでの歴史文化や社会制度、規模も違うのでそのままロールモデルにはならいでしょう。日本の社会にあったやり方を考えなければ!

長寿社会のこれから専業主婦・主夫という生き方は困難でしょう。政府にしても核家族共働きを標準的な家庭像としてこれからの社会保障施策を考えています。そうすると夫婦が手分けして子どもの世話をしなければなりません。また親子の愛着形成には絶対的な時間量が必要だといいます。だとすれば男性の育休は必須のことになるでしょう。

で、どうしたら良いのか

企業の子育て支援を取材したとき、人事担当者が言っていたのは、文化を変えるにはトップダウンが一番だそうです。社長が英断して育休を歓迎する姿勢を示せば、育休を嫌がっていた管理職も考えを変えます。トップの判断に反すれば自己評価が下がるからだそうです。そして人事的なこととかテクニックはあるようですが、育休を妬まない雰囲気を作ることだそうです。女性の育休がここまで一般的になるまでの経過にヒントがありそうです

企業にしても、育児でこれまでそだたて人材を失うのは大損失です。夫婦で子どもの世話をする社会になるしかないのだから、中期的に見れば男性の育休を否定することはもう無理でしょう

ただそれを実現するには社会保障制度など政府による支援と環境整備が必要だと思います。個人に対しては休業補償など。雇用主には税制優遇とか企業規模に応じて考えなないとね。一企業の努力だけで実現する話じゃないと思います。

そして社会全体で育児や介護、ワークライフバランスを見直すためには(先を行くものはキツイですが)当事者が声を上げないとならない。ここみたいなアピールがそこかしこであることが大きな力になると思います。ブログでも、パブリックコメントでも、職場の飲み会でも、いつでもどこでも声を出す。それが集まると政治が動きます。文京区みたいのが、国政レベルで出てくるとしめたものですね

個人レベルでは、これは生き方でしょう。誰になんと言われようと、理屈云々じゃなくてやりたいことは、やっちゃうんだな。例えば趣味とかファッションがそうじゃない。育休も今はそう言う人が取得している段階でしょうか

2010-05-12 11:42

52: 口コミさん
> Bird@やすさん

出ませんよ。

興味があれば、国家公務員の育児休業については、人事院のHPに質疑が掲載されています。

携帯からなので、短文で失礼します。

2010-05-12 12:45

53: 口コミさん
すみません。訂正です。

公務員で給与が支給されるのは産休のほうでした。
産休では満額出るそうです。

8割は、病気療養などで長期間休職するときです。

育休では、共済から何割か出るだけですね。

2010-05-12 18:04

54: 口コミさん
うちは専業主婦ですが、2週間だけ育休を取得しようと思っています。2週間であれば有給扱いだし、職場のみんなも理解を示してくれそうなので。

2010-05-12 22:44

55: 口コミさん
区長自ら育休とった文京区に住んでますが、なかなか民間では厳しいですよ。とれないことはないですが周りからは白い目でみられますよ。

2010-05-12 22:46

56: 口コミさん
育休当時
ベビーカーに上の娘を乗せ、下の子をおんぶして、旧交通博物館に行きました。

街中では、物凄い視線を浴びました。

同様に、市の育児施設に行くと、他のママ達から、何か尊敬の視線を感じました。

毎日、必死でした。
二人同時にお昼寝した、ほんのひととき、ほんの一瞬の落ち着いた時間で一服。

いつ起き出すか、落ち着かなかったのが、実体でした。

オッパイ飲みたい!!

これだけは、どうしようもありませんでした。

2010-05-12 23:13

57: 口コミさん
我が家は6歳のボンと2歳の娘です。

育児休暇はありませんでした。会社的に公休と有給を組み合わせれば2〜3週間位は休めるのですが、特に休んではいませんでした。

確かに一般企業やと、育児休暇自体が制度化されてないですね。

考えようですが、1年の内1/3は休みやし、その時に育児に参加する様にしてます。
我が家では赤ちゃんの頃から早寝を週間づけてたので、毎朝の6時位に起き毎朝コミュニケーションを取れてますし、家事のサポートも出来ます。
こちらも、疲れますが慣れますねぇ。

働く環境や、考え方によるんでしょうけど、気張らずに出来る範囲でやってます。

ウチは半年過ぎる頃から2〜3才までが一番大変でした。

その頃にどの様にサポートするかの方が色々考えさせました。
勿論今もです。。。

2010-05-12 23:55

58: 口コミさん
一般企業、特に中小ではまだまだ育休取得は難しいのだと思いますが、
みんなが難しい難しいと言っていると、
なんというかちっとも状況が変わらない気がして、
それよりは、意外とやってみたら大丈夫だった、
と言う話を広めたいと思うのですが・・・

育休取るも取らないもそれぞれの家庭の状況、判断によるとは思いますが、
取りたいと思ってるのに取れないという状況、
特になんとなく周りの雰囲気などを気にして取れないなどという状況は
改善していけたらいいと思います。

2010-05-13 00:44

59: 口コミさん
コメントの中に『何故、男が育児休暇とるのか?』とありました。

私自身それを見て『確かに何故だ?今まで、男は仕事・女は育児でやってきたじゃないか!男女平等が目立ってきただけ?』

と考えさせられました。

私なりに思うのは『昔と今は違う』という事です。
時代が違うんですよね。

何故か今の時代、母親の産後鬱や虐待・いじめ・引きこもり…等など、日々悲しい事件が多いですよね〜。

昔は、そんなこと頻繁じゃなかったと思います。
こんな(便利すぎる)時代になってしまった。
だからこそ…
(なにかに繋がる根拠はありませんが…)
これからは父親の力も必要不可欠ではないでしょうか?

もぅ、昔のような環境には戻れないゆえに、今にあったシステムが必要なのではないでしょうか?

色々難題はありますが、男性の育児休暇が取れる為にも、景気回復してほしいですね☆

にしても…、どぅしてこんな時代になってしまったのですかね〜…
すみませんあせあせ(飛び散る汗)
最近、虐待のニュースが多くて悲しくなってます涙

トピずれで申し訳ありません。
子育てお互い頑張りましょう☆

2010-05-13 01:23

60: 口コミさん
2回目☆

すみませんあせあせ(飛び散る汗)
似たようなコメントがありましたあせあせ(飛び散る汗)
読んでなくて、かぶってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

同じように考えていた方々がいて、嬉しくなりました!
ともに私自身、参考になりましたm(__)m☆

2010-05-13 01:29

スレッド一覧

3行以内で、子育てのつれづれ 07/05/20 00:09 男の子と女の子を連れて外で遊ぶ時 11/04/24 17:01 子供依存症?可愛いが故に・・・やりすぎ度教えて 11/01/25 23:48 宙博チケット譲ります 10/10/21 22:58 2人目の妊娠&出産についての悩み 10/08/26 14:47 子供の遊び場所 10/08/28 18:53 飲食店で働いてるお父さん 10/08/16 01:45 ママよりの子 10/07/12 20:14 相談、ご意見お願いします 10/06/30 17:17 男の育児休暇 10/05/07 14:59 男性の避妊に関する知識について 10/05/10 12:21 フォトビデオ★ショップ 始めました! 10/03/27 01:21 【パパ論】を書いてくださる方! 09/08/08 10:48 人見知りについて 09/04/27 01:33 オママゴトには何分くらい付き合えますか? 09/03/28 00:40 既婚でなくてすみません 09/02/10 21:26 【質問】渋谷のマルハンの託児所ってどうですか? 09/01/08 00:33 『パパとママからのラブレター』 募集中! 08/10/23 21:35 お宅のしつけ方を教えて下さい(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 08/09/13 17:36 口癖 08/06/05 00:16 子供の歯医者について 08/05/27 15:16 【挑戦状シリーズ】積木 08/05/02 15:46 学資保険 08/02/16 03:58 温泉&海水浴 07/07/26 18:06 ホタル族のパパへ 07/06/12 11:49 熱が出たときは・・・ 07/04/08 22:23 イライラした時の解消法 07/03/20 22:26 イベント 07/03/04 22:07 おしゃぶりについて 07/02/24 16:18 頭突きしませんか? 07/02/17 00:23 10歳以上の娘との付き合い方 07/02/12 10:09 風見しんごさん 07/01/21 10:56 今年の重大ニュ−ス 06/12/21 12:57 GPSに詳しいお父さんいますか? 06/12/08 08:12 学資保険 06/10/10 13:59 父親の育児って。。 06/06/25 20:24 汗疹が・・・ 06/08/20 20:47 【悩み】昼夜逆転 06/08/10 00:31 お父さん方頑張って! 06/06/13 14:31 ぜんそくについて 06/06/13 22:33 虫刺され対策と治療 06/05/18 16:21 お医者さんのうそつき・・・ 06/04/26 16:12 横峯さくらパパの子育て論 06/02/27 09:16 ご相談:幼稚園→保育園の転園について 06/01/14 23:51 子どもと畑で野菜を作っている人いますか 05/12/21 17:08 奥さんの意見も募集!夕食どうしてますか? 05/12/11 22:16 時々キレる?6歳の息子 05/10/30 10:36 初心者パパです。よろしくおねがいします。 05/10/30 23:42 自営業パパの育児&サポートて? 05/10/27 15:48 はじめまして 05/10/26 18:21 父子参加型アウトドアイベントを開催します 05/09/08 01:24 給食当番 05/06/11 16:53 次世代育成支援対策推進法 05/04/04 12:30 食べすぎでしょうか・・・ 05/03/17 01:12 生ものはいつから? 05/02/22 06:50 はじめまして 04/12/03 14:48 はじめまして。 04/12/02 21:35 我が家のルール 04/11/03 00:59 食事のあと 04/09/11 16:11 誕生日・・・ 04/09/04 16:35 保育園の参観日 04/06/11 19:01

サイト内検索