2008年08月12日 22:46 by まっちゃん

この研究を監修した人のいるニューヨークのアルバート・アインシュタイン医科大学は
新谷先生が外科教授を務める大学ですね。
---

 [ワシントン 11日 ロイター] 米国の研究者が11日、過体重の成人の半分以上と肥満の男女の約3分の1は血圧やコレステロール値など心臓の健康状態の指標が正常であり、肥満と健康が両立する可能性を示す研究結果を明らかにした。

 その一方、標準体重の米国人成人の4分の1近くに心疾患や糖尿病の危険因子がみられたという。

 同研究は、1999─2004年にかけて実施した男女5440人の健康診断のデータとアンケート結果に基づいて行われ、医学専門誌アーカイブス・オブ・インターナル・メディスンで発表された。

 研究を監修したニューヨークのアルバート・アインシュタイン医科大学のJudith Wylie-Rosett氏は、電話インタビューで「肥満についてはまだ十分に解明できていないということだ」と語った。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=575549&media_id=52
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-33205420080812

サイト内検索