2007年10月17日 21:22
もうすぐ離乳食なんですが、私のいる国では初めて口にするものがとっても甘い市販のクリームなんです。自分で食べてみましたが、どの会社のものも砂糖が入っていて味付けはバニラでしてあります。初めの数週間はこのバニラ味の甘いクリームを与えて、それからもちろん砂糖の入った果物のクリームを与えるのが医師の指示です。離乳食を作る人も少ないようで、粉状のものがたくさん売られています。

それらにはビタミンや鉄分がきちんと含まれているというので医師が勧めるようです。

これを与えず自己流ですると言ったら、鉄材のシロップを飲み、1カ月ごとに採血をするといわれました。赤ちゃんなのに、しかも病気でもないのにです。

みなさんのお国でもこんな感じなのでしょうか。

市販のものも与えたくないし)専業主婦なので時間があるから作りたい)、けれども鉄材やビタミン剤を与えたり採血もされたくないと思っています。

私はギリシャに住んでいるんですが全体的にそうなんでしょうか。

レス

1: 口コミさん
はじめまして!

鉄材のシロップを飲み1ヶ月ごと採血というのは、びっくりですねぇ。ちょっと極端すぎますよねぇ。

私は今ノルウェー在住ですが、ここでは赤ちゃん用のオートミールみたいなものからはじめるようにすすめられました。私はいろんなものをあげたほうがいいと思ったので、ほかのものをあげたいと言ったんですが、鉄分不足になったら困るので、離乳食一日3回になるまではこのオートミールだけをあげるようにと指示されました。でも、これはちょっと偏りすぎてるし、子供にはいろんなものを食べてもらえるようになってほしいとおもったので、1回をそのオートミール、その他は鉄分の多いものをできるだけ取り入れて自分で作ったものをあげていました。私の場合、医師がそこまでうるさくなかったので、ノルウェーと日本式の間くらいのかんじであげていたんですが、日本で鉄分の入った特別なものをあげるような習慣がないのは、ふつうに皆さんが作る離乳食に鉄分がきちんとふくまれていて栄養のバランスがとれてるからなんだろうなぁとつくづくおもいました。

このオートミールなんですが、初期のものは糖分がふくまれていないものでした。でも、bisouさんがおっしゃるバニラ味の甘いクリームというのは、虫歯や甘い味に慣れすぎてしまうなど、ちょっと心配ですよね。もし、他に売られている粉状のもので、糖分が入ってないものがあれば、それをすこしあげつつ、鉄分が多く含まれている食材でbisouさんが離乳食をあげてみたらどうですか?

最初はなかなか離乳食を食べてくれないかもしれないので、あまり毎回毎回手作りでなくては!と意気込みすぎないほうがいいかもしれません。。(経験済み)

少しでも参考になれば。。。と思います。

2007-10-17 22:19

2: 口コミさん
フィンランド在住です。

息子が5ヶ月に入った時点で離乳食を始めるように言われました。日本では10倍粥や重湯から始めるそうですがフィンランドはじゃがいもからでした 笑
もちろん赤ちゃんが食べやすいようにすりつぶしてなめらかにしてから与えるように指示されました。他にもニンジン、リンゴなど勧められましたね。
6ヶ月になってからは肉類も取り入れるように言われました。日本流のやり方でいくならば鶏肉ならささみから、他の豚肉、牛肉はもっと後期になってからですよね!?なのでビックリしました。卵も黄身だけとの指示ではなかったので全卵をあげていいの!?とまたまたビックリ。日本人の私としては日本流でなるべく手作りでやりたかったのですが、ここは北欧・・野菜の種類も結構少ないです。なので市販のBFもあげたりしています。今は結構色んな味を覚えた所なので、豚肉・鶏肉・白身魚・野菜類などあげています。後は便秘にならないようにプルーンのペースト状をあげたりしています(鉄分も豊富ですよね)。

参考になるかは分かりませんが、今はこんな感じでやっています。
ともえさんのおっしゃる通り意気込みすぎない方がいいですよ☆私も最初は意気込みすぎ&離乳食の進め方の違いにかなりストレス&不安を覚えましたが、今はベビが楽しくおいしくたべてくれるならいいかなぁと思っています。

保健師さんが言った事でも自分はこうやりたいし、これをあげたい!って思ったらそうしています。やっぱりバニラ味の甘いクリームは虫歯の事とか考えるとあげたくないし、鉄剤などの薬もなるべくならあげたくないですもんね!

一緒に頑張りましょう♪

2007-10-17 22:32

3: 口コミさん
 はじめましてbisouさん。お国が変わるとやはり色々と違うことがあるんですね。
 私はアメリカのVA在住です。5ヶ月の女の子がいます。この間の検診で離乳食のことを聞かれましたが別に何も難しいことは言われませんでした。
 なので、自分流にくたくたのおかゆからはじめ、ライスシリアル、オートミール、あとは野菜(まだにんじんしかあげてない)果物(りんご、オレンジ)などを食べさせています。
 やっぱり自分が日本人なので基本は米だと思っています。そちらではお米は手に入りますか?
 最初のうちはと、子供用の和風だし、和食も少しオンラインで購入しました。
 できることなら和食で統一したいけど、やはりそれは難しいので、もう少し進んだらこちらの市販のものと順番に食べさせるつもりです。
 鉄材のシロップを飲み1ヶ月ごと採血というのは私も驚きました。
 あまり参考にならなくてすみません。
 お互いに頑張りましょうね!!

2007-10-17 22:42

4: 口コミさん
はじめまして。
12月で6ヶ月になる子をつれてもうすぐイスラエルにいきます。
離乳食。。。国によって結構違うものなのですね。ギリシャとは近いので似たような感じなのかと恐ろしくなりました。
今かかりつけの日本の病院では、砂糖を与えるのはできるだけ遅くからと言われましたよ。「甘いものは本能的に好きなのでわざわざ好きなものから与えてしまって、他の食べ物の自然な味をおいしくなくすることはない」ということだそうです。もともと、食べ物に慣れる目的もあるのに、既製のクリームだなんて変な話ですよね。

今のお医者さんが絶対ではないし、お医者さん変えるのも手じゃないでしょうか?
私たち日本人はそんなものなくても無事にそだっているわけですし、自信を持ってやりましょうよ。
と、現地がどうであれわたしは自分が良いと思ったことをやるつもりです。

ちょっと、トピから話がそれてしまっていますが人ごとではない感じがして、思わずコメントしてしまいました。

2007-10-17 22:59

5: 口コミさん
フランス在住で、3歳の息子と8ヶ月の娘がいます。
8ヶ月の娘は今離乳食の真っ最中です。

フランスは。。。いんげんとかの野菜のピューレからスタートですね。
でも私は長男の時もそうでしたが、おかゆメインで作っていました。
ビタミン剤はフランスでも処方されますよ。ビタミン剤とフッ素のシロップを毎日
飲ませるように言われます(うまれてすぐからです)

フランスの市販の離乳食は、日本のものに比べて味が濃いと思います(塩味)。また
4ヶ月から食べられるチョコレートクリームとかもあるし、小さい赤ちゃんが食べるビスケットのようなものもすでに砂糖たっぷり。表面にしっかり砂糖がまぶしてあることも。
ライスクラッカーのようなものもありません。
私はそういうものは使いませんよ。自分で作っています。
また、かなり遅くまでドロドロ状のものばかりあげている気がします。フランス家庭料理では野菜もよくピューレにしちゃうんですよ。歯ごたえが残ってる調理方法ってあまり好まれない傾向にあります。
だからなのか、1歳半過ぎてもドロドロのものばかり食べてる赤ちゃんも多いんです。
私は長男の時は日本式に進めていて、外で食べさせていると色んな人に『そんなに固いものあげてかわいそう』だとか責められましたよ。でもちゃんともぐもぐしてるし。。。
気にしないようにしていました。

離乳食に限らず子育て全般に言える事なんですが、私たちは日本と在住の国の両方の育児方法を知る事が出来ます。時には全く正反対の事をいうので惑わされることもあるのですが、
基本的には人より倍の情報があって、それを選択できる立場にあるんだと解釈するように
しています。

もしも周りに小さなお子さんがいる方がいらっしゃるなら、色んな人にきいてみては
どうでしょうか。本当に皆が皆そのような離乳食の進め方をしているのでしょうか。
私も最初はフランス人ッて皆こんなもの食べさせてるのか!と思ったのですが、見てみると
ただ茹でたりふかしただけの野菜のピューレを食べさせたりとか。。。こだわる人はちゃんとこだわってやっているんですよね。

自分のやり方でもやっていける!という自信がついたならば、医者になんと言われようと
自己流でやりましょうよ。
鉄剤や血液検査なんてちょっとやりすぎ。。。そこら辺は、ウソも方便で『ちゃんとギリシャ流にやってますよ〜』なーんて医者の前では言ってたらどうでしょう?

2007-10-17 23:27

6: 口コミさん
はじめまして! スペイン在住です。

旦那がアメリカ人なので、離乳食はアメリカ式に沿ってやりました。

でも、わたしは、自分で殆ど作って与えていました。枝豆なども、やわらかくゆでてペースト状にして与えていました。国によって本当に離乳食の進め方って違いますよね。わたしは自己流にプラスして、与えてはいけないものなどのみ、参考にしていました。今、アメリカでは人参だけは、自分で作るのを避けるようにいわれています。なんでも、自分で処理すると、体に害gはあるような物質が発見されたとか・・・。でも、うちの長男は、わたしの人参で育ちました。(うちの長男のときは、そういったことがわかっていなかったのです)

あまり参考になっていませんが・・・。調味料などは使わず、野菜や果物の素材に慣れさせたほうがいいと思います。


余談になりますが、フリッパーズギター好きなんですね☆わたしもです。あと、トップの写真に使っていらっしゃる写真も覚えがあります。このポストカード?はもっていましたw

2007-10-17 23:51

7: 口コミさん
こんにちはー初めまして。カナダ在住です!


あたしはまだ子供生まれてないんですけど…ただ今妊娠32週目です…色々義理お母さんとか義理妹達に聞いてるんですけど。

皆さんの読んで結構考えるなーって思っちゃいました!!お国によってホント価値観って違いますよね。

こっちはほぼ瓶詰めの離乳食から始めるみたいです。病院ではそんな厳しくは言われないみたいですけど…そうゆうところはアメリカに似てますかね!?

あたしもなるべく手作りの離乳食を食べさせたい!そっちのほうが身体にいい!!って思ってたんですけど…義理お姉さん曰く、手作りの物は食べない時があるから、無駄になったり、栄養が摂れなかったりするらしいんですよねー。その点瓶詰めのものは一応赤ちゃんにいいように考えてあるし、無駄にはならないし…って言われました。まぁそこから食物の味に慣れさせて、食べるようになったら手作りのものも取り入れていこうと思いました。

あたしも義理妹が7月に赤ちゃん産んで聞いたんですけど、ビタミンDを生まれてから摂ってるらしいんですよねー。これにはちょっとビックリしました。日本はあまり薬に頼ったりしませんもんねー。でも最近ビタミンDが凄く大切ってのが発見されてから、摂取を勧められてるみたいなんですよねー。

まぁいいものは取り入れて、疑問があるところは自己流でもいいと思いますよ。ドクターが言うことを守るのも大切ですけど、なんて言うか昔流でもOKだと思いますよ!!だって日本人の子供はそんなのしなくても立派に育ってるんですしねー!!
こっちなんて、めちゃ早くからフライドポテトあげたりしてますしねー。それってどうなん??って感じですよね。でもあたしが「白身の魚とか普通に食べるようになったら煮たりしてあげる」って言ったら、「そんな早くから魚あげたらマーキュリーがぁー…」っていわれましたけどねー義理お姉さんに。いやーどっちが身体にいいかわかってんの??って感じでしたけど。

2007-10-18 00:09

8: 口コミさん
香港在住です

こっちの離乳食は飲茶デビューをよく聞きます
もちろんお粥ですがわーい(嬉しい顔)

その国その国で色々あると思いますが
ご自身が正しいと思う所を信じて頑張ってください。

2007-10-18 00:33

9: 口コミさん
お砂糖入りのバニラ味ですかぁ・・・。やめたほうがいいなあと思いますが、お子さんにもギリシャの血が混ざっているなら避けられない運命なのかも!?いや、それは冗談ですが、NZ在住ですが離乳食はできるだけ遅く始める方が将来お子さんの胃腸は丈夫になりますよ。我が家はみんな赤ちゃんの頃はアレルギー体質だったものですから、できるだけ母乳を長くして、離乳食は本格的に始めたのが7ヶ月頃からでした。初めはやっぱりおかゆ、野菜のピューレ中心でした。味付けは特にいりませんが、おさかなや昆布の出汁で伸ばしてあげたり、干し椎茸の戻し汁なんかも使ってました。当分はお米や芋、果物から取るもので十分です。母乳から必要な糖分もちゃんと摂れますからね。バニラ味ということですが、本物のバニラですか?バニラのイミテーションですか?もしイミテーションであれば、体には良くない着色料が使われている可能性があるので、やめたほうがいいと思いますよ。お医者さんになに言われようが、それは良くないので気にしないほうがいいと思います。NZでは初めて苦衷にするお肉が「ラム」か「鶏肉」という風潮が強く、日本のように白身のお魚という発想はないようです。でも、以前に訪問保健婦さんに私の(日本の)離乳食について話すと、とっても感心しておられました。いろいろな民族が住むNZですので、否定されることはなく、いいものはどんどん取り入れてくださいと言ってもらえて嬉しかったのを覚えています。ただ、日本の離乳食はどうしても鉄分不足なのじゃないかと心配されがちですので(そんなことは決してありませんが!)離乳食を作るときに可能であれば、お湯やお出汁だけではなく母乳を加えてあげるといいと思います。
今しかできない離乳食作り。周りの人の意見も時には大切ですが、あまり感化されずにご自分の信じるレシピで楽しく進めてみてくださいね。

2007-10-18 10:04

10: 口コミさん
皆さんたくさんのコメントありがとうございます。全ての方にお返事できませんで申しわけありません。

みなさんのおっしゃるように、いいところだけ取り入れてあまり無理しない姿勢で臨もうと思います。

私の医師が指導したようにされている方がいるかと思いましたが、いらっしゃいませんね。やっぱり、初めから砂糖とバニラ(ほんものかわかりません)で味付てあるもの、鉄材シロップ、採血、いきすぎですよね。

どうもギリシャは遅れているというか、なんというか。。。

どうして離乳食を始めただけで、症状もなしに採血をするのかわかりません。鉄だって、バランスのいい食事を心掛ければ取れるはずですし。

でも、夫はギリシャ人なので、反論できるか不安です。なんせ、育てている土地はギリシャなので。しかも、義母の世代でさえ(30年以上前)、離乳食はみんな判で押したように粉末の粉をお湯で溶かしたバニラ味のクリームだったというから驚きです。だからこの国の人は甘さに関して感覚がまひしているのかなあとも思いました。砂糖だけではないですが、味は薄味になれるのが将来のためでもあると思うので、うまくまわりを説得したいと思います、
もし説得できなければ、バニラ味のクリームを与えているふりをしておこうと思います。

異国にすむと苦労が絶えません。

皆さんありがとうございました

2007-10-18 10:29

11: 口コミさん
〆後のようですが…

ギリシャの離乳食の話は初めて聞く韓国在住の日本人ママです。
皆さんがおっしゃってることと似たような考えで、離乳食はママがいいと思うやり方でやるのが一番だと思います。
ただ付け加えるとすれば「郷に入っては郷に従え」という諺もあるくらい特に食に関することはその土地の風土や気候に関連が深く、外国人では測り知れない部分が多々あると思うんです。ですからぜひ地元の方の意見も取り入れられることをお勧めします。
同じアジアのしかも気候的にも近いと思っていた韓国でさえ育児法には違いがあって最初は日本と違うとあまり受け付けなかった部分もあったんですが、やっていくうちに段々受け入れるようになりました。それはやっぱり土地のやり方にも一理があるな、ここは日本ではないんだということを感じたからです。

(私が出産した)日本の産婦人科でも鉄剤ではないですがビタミンK不足を補うシロップを赤ちゃんに処方してました。国によって医療も違うんですね。なんでも日本人のママの母乳にはビタミンKが不足しがちだからそうです。栄養価の高いと言われる母乳でさえママの食事内容によって成分が変わってきます。
赤ちゃんの採血は逆に私はやってもらうと有難いと思うんですけど^^

トピ主さんも周りを特に両家のお母様のやり方を参考にしつつ、かつ御自分がいいと思われるやり方で離乳食頑張ってください。

2007-10-18 11:45

12: 口コミさん
中国ですが、ハインツの離乳食の瓶(ペースト状のやつ)に、

豚骨?骨髄と野菜 
かぼちゃとなつめ(甘い)
百合根(甘い)

とかありました。
骨髄のやつはあげませんでした。

2007-10-18 14:02

13: paomom
はじめまして。
アメリカ在住の11ヶ月の男の子のママです。
うちの子は離乳食後期になってからこっちに連れて戻ってきたので、不安などはなかったのですが、やはり栄養面ではちょっと慎重になりますね。
(後期からはミルクの回数がぐんと減るため、ほとんど全てを離乳食から摂るので)
でも、うちの子は日本人ですし、日本人の母を持つので、私はアメリカでも日本流(自分流)で進めています^^

・炭水化物は 軟飯、オートミール、パン、お芋類。(たまにパンケーキ、コーンフレーク等) 
・ビタミン系(というか主食に混ぜてしまってますけど・・)は ここで手に入る野菜ほ とんど全て
・ミネラル系は 日本から持ってきたひじき、わかめ等
・タンパク質は 鶏ささみ、挽肉系、魚(魚は中部なので全然手に入らないのが痛い です><)
・おやつは市販のものはやはり甘いので(最初に私が全部毒見してます)、フルーツヨー グルト等ですかね。
☆あと、離乳食が進むにつれて鉄分がかなり必要になりますから、ほうれん草や ブロッコリー、オートミールなどは気にしてあげています。

あまり気負いせずに、1日の中でバランスよく食べさせられればいいかな。ぐらいの気持ちで手作りしてます。(手作りが一番安心ですし、赤ちゃんも嬉しいハズです)
日本にはかないませんが、「今いる所で出来ることをする」しかないので・・・。
大丈夫ですよ。何か欠けても子どもはちゃんと育ってくれますから^^

頑張りましょうわーい(嬉しい顔)るんるん

PS 糖分はやはり私も反対です><

2007-10-18 14:13

14: 口コミさん
さらに続いてしまってスミマセン。。。
アメリカ在住、16ヶ月ベビーのママです。

離乳食の進め方については、皆さんがお話されているので割愛させていただいて、体験した「採血」についてコメントさせてください。

私たちが掛かっていた病院で採血がありました。頻度は忘れてしまいましたが、2、3ヶ月に1回くらいだったと思います。
方法は、子供の指先にチョット針を刺して1滴の血液でその場ですぐ値が出ます。
注射針のような物ではなくて、脈拍を指で測る機械のような。。。言葉では難しいですが、ギョッとする様な物ではありませんでした。
私も同じ方法で検査したのですが、痛みは輪ゴムでパチンと軽くはじかれた位です。
娘も気付かなかったのか、泣く事もありませんでした。

離乳食作り、手間ひま掛かりますが、愛情いっぱいで乗り切ってください!!

2007-10-18 15:47

15: 口コミさん
タイ在住です。
タイでは、BFがあんまり種類が売ってません。
初めての離乳食はおコメのおかゆとバナナでした。
タイ人は、バナナをスプーンで削るようにして
よく赤ちゃんにあげるみたいです。

2007-10-18 16:15

16: 口コミさん
ちびっこさん

そんな採血法ならいいのですが、、、

残念ながら私の住む国ではどんなに項目の少ない採血の場合も、注射針で撮ります。3か月の時は、両手両足7か所刺されました。(血管に入らなかったので)
ちなみに採尿は膀胱へ直接針を刺して尿を取られました。信じられなかったです。

こういうことがあったので、医師を信じられなくなっている私です。国によって異なるということは頭では分かっているのですが、気持ちが付いていきません。

だから今回の離乳食のことでもほかの国はどうなんだろうって思っているのです。郷に入れば郷に従えですが、必要のないことはしたくないです。

皆様の意見参考になっています、ありがとうございました、

2007-10-18 16:39

17: 口コミさん
はじめまして。
ケニア在住ですが、ダンナは日本人の日本人家族です。もうすぐ5歳の息子と4ヶ月の娘がいます。

私の愛読漫画、高橋由佳利さんの『トルコで私も考えた』に、トルコ人の旦那様との間に生まれたご長男のことで同じようなことが書いてありましたっけ。由佳利さんは日本でご出産。生後5ヶ月でトルコに戻られた時のことです。

お義母さん「そろそろ離乳食だね。」
由佳利さん「ええ、最初は果汁やおかゆで練習しています」
お義母さん「だーめだめ、そんなんじゃ腹の足しにならないよ!」
と言って、パンをトマトスープ(もちろんオリーブオイル入り)にひたしたものや、甘いビスケットをヨーグルトで柔らかくしたものを食べさせようとした。日本では最初の離乳食は腹の足しにするのではなく、おっぱい以外のものに慣れる練習だと習ったのに・・・と書いてあります。

「義母だけかと思ったら兄嫁まで。しかもバナナに蜂蜜(1歳まではダメ)をかけたり。もう何でもありのトルコである。」
「息子はお砂糖なしのトルコのヨーグルトを喜んで食べたけれど、お義母さんは『あっ、あんまり食べてないよ、お砂糖入れようね』と言うので『いえっ、食べてます!』と滞在中の数週間ずっと攻防戦を繰り広げた。」
「手抜きをしたい時には私もヨーグルト・ビスケットを食べさせた。だって腹持ちが良くて良く寝てくれるんだもーん」

そして由佳利さんはやたらに油ものが好きで、頭痛がするほど甘いデザートが大好きなトルコの人について、「この人たちは赤ちゃんの時からこうやって甘いものや油ものを食べてきたのだ。トルコ人についての何かがスッキリした私であった。」と締めくくっています。(今その本を人に貸しているのでうろおぼえですが。)

bisouさんの住むギリシャとトルコは近いですよね。似ています?


ここケニアではマンゴーやパパイアをすりつぶしたものが最初の離乳食に与えられるようです。
ケニアのママ達は「強い子が病気をせずに生き残れる←大きい子が強い←赤ちゃんは大きく育てる←早く大きく育って欲しい」との思いからか、ずいぶん早くに離乳食を始めるようです。昔の日本と同じですね。

でも娘を産んだケニアで一番贅沢な病院の小児科の先生(たぶんインド・中東系の初老の男性医師)は、予防注射に行った時、「昔は4ヶ月で始めましたが今は6ヶ月です。注意点はこれこれで・・・」と、日本の育児書と同じようなことが書かれたプリントをくれました。第二子ではありますが、とっても安心しました。

私の考えを述べさせていただきますと、日本だろうと海外だろうと、同国間結婚だろうと国際結婚だろうと、先進国だろうと途上国だろうと、育児でママが不安に思うことは止めた方がいいと思います。
理屈ではない「第6感」ってあると思いませんか。特に女性は。特に特に子供のいる女性は。
それに子供さんも、住んでいるところはギリシャで半分はギリシャ人でも、残り半分は日本人ですしね。
お家で手作りしてあげたいのであればそれが一番ですよ。

私の場合は本にある通り、アレルギーを起こさないかどうか一品ずつ慎重に進めました。最初は炭水化物、次に野菜・果物、最後がたんぱく質、だったかな?おかげで乳製品と大豆製品を食べてブツブツが出た時にすぐわかってよかったです。(今は何でも食べています。)

お腹を痛めて産むのがよしとされる国もあれば痛み止めどころか麻酔もありの国もある。ママが離乳食や普通の食事を作る国もあれば作らない国もある。このへんは文化の違いですよね。

採血だって本当に必要がなければ嫌〜。私は子供の予防注射だって本当は嫌ですよ〜。

2007-10-18 18:20

18: 口コミさん
子育て事情はちょっと後進国かなと思えるスペインからです。

ここでは、生後4〜5ヶ月に哺乳瓶にシリアル粉をまぜることから離乳食が始まります。
とはいえ、小児科医によっても違うようで、知り合いの子は4〜5ヶ月の時に食べたいだけ
フルーツをあげるように指示されたそうです。(アメリカでは、母乳栄養児には生後半年前に
果汁は決して与えないよう小児科学会が勧告しているそうですねあせあせ
もちろん、彼女は従わなかったみたいです。

ウチの息子も5ヶ月の時にシリアル粉を始めるように言われました。これがやっぱり甘くって、
それにまずいんですよね。小児科医の前では「はいはい」と素直に聞いたものの、
実際には6ヶ月になってからおもゆ・10倍粥からスタートし、慣れたら野菜やフルーツのピューレも
追加していきました。離乳食の早期導入がアレルギーの元になると医学的にわかってきて
いるようなので、とにかく6ヶ月までは母乳+ミルクのみにしようと決めたのです。
夫から少々の反対はありましたが、説得しました。

話はズレますが、スペインには無頓着なママが多いのか2歳にならない子に毎日チョコレートを
食べさせたりする人もいます。義兄の家では1歳の子にすでにアイスキャンディーを
なめさせていました。義弟の彼女が、10ヶ月だったウチの息子にケーキを食べさせているのを
見たときは怒鳴りそうになりましたね。最近は4人に1人の子供が肥満傾向にあるとか・・・。

ところで、bisouさんは母乳を続けるんですか? 
もしそうなら鉄分とかビタミンは気にしないでいいんじゃないかしら。
この時期の栄養は、離乳食ではなくてまだ母乳、ミルクからとるものだと思います。

いろんなことを書いてしまいましたが、どなたかも書かれているようにママが1番納得される
方法が1番だと思います。子供の身に何かあっても、お医者さんは責任を取ってはくれません。
私は日本式とスペイン式を混ぜています。今は離乳食についてかかれている本やサイトも
あるので、あれこれ参考にしながら自分流を見つけることをオススメします。

離乳食の本ではないけど、私が読んでためになったと思った本は、
新潮社の『赤ちゃん学を知っていますか?』(産経新聞「新・赤ちゃん学」取材班)です。

2007-10-18 21:40

19: 口コミさん
カナダ在住です。
息子は今14ヶ月で、大人と同じもの食べてます。

こちらでは、ライスシリアルから始めます。お米からできたシリアル(サラサラの粉末)に、水かフォーミュラ(粉ミルク)か母乳を足してあげます。
甘い感じのものが主流ですが、わたしは、砂糖が入っていないオーガニックのライスシリアルを健康ショップみたいなところで買ってあげてます。
慣れると、野菜のピューレをあげていく感じです。

このライスシリアルから始める最大のポイントは、「鉄分」です。
こちらでも鉄分不足をとても心配します。

日本の離乳食との違いに疑問を持って、本を読んだりネットで調べたりしました。

日本ではあまり鉄分にポイントがおかれていない気がします。
それよりも、「将来主食になるご飯を中心に、美味しく、栄養バランスが良いものを」というような考え方をしているという印象を受けました。(わたしの主観です)

ただ鉄分を補うために、「小松菜」や「ほうれん草」を初期から与えているんだと思います、日本式だと。

カナダではほうれん草の中のしゅう酸(だったと思います、名前が不確かです・・ゴメンナサイ)が、1歳未満の子にはよくない、ということで、ほうれん草を与える時期は、1歳以降になっています。
小松菜は・・こちらではあまり買えません。

ということで、小松菜やほうれん草などを与えて、きちんと鉄分を十分与えられる環境でしたら、日本式で通しても大丈夫なのかもしれません。

ただ、日本人は比較的、貧血が多い民族、ということを考えると、お医者さんが鉄分シロップを与える、という意見も、あながち間違いではない気もします。

色々調べた結果、わたしは、甘くないライスシリアル(あと大麦シリアル、オートミールシリアルも主流ですので、あげました)を1日2回、お粥を1日1回、みたいな風に、カナダ式と日本式の間を取って、進めました。

あと、離乳食とは直接関係ないかもしれませんが、カナダで「ビタミンD」の摂取がとても重要とされていて、これは、母乳にはカルシウムの吸収を促すビタミンDが含まれていないので、母乳育児の場合は、子どもにビタミンDのシロップを飲ませるように推奨されています。
カナダで売られている牛乳にも人工的にビタミンDが配合されています。
でも日本の離乳食の本などではあまり記述がないですし、国によっても考え方が違うので、ビタミンDについても、お医者さんの意見を聞いてみてはいかがでしょうか?

わたしは栄養士でもなんでもなく、色々とネットなどで調べた上での意見なので、専門的なことは何も言えないのですが。

bisouさんとお子さんが、納得して、楽しく離乳食が進められるといいですね♪

2007-10-19 11:56

20: 口コミさん
皆さん更にご意見をありがとうございます。

母親の第6感。これは確かに納得です。お医者さんは責任取ってくれませんものね。鉄分を与える,採血をするということが子供の成長に絶対に必要で世界中で行われていることなら納得するのですが,今までのコメントの中では鉄分はありにしても採血はありませんでした。どうしてこうも医師によって異なるのか。
mamasitaさんの仰るように,母乳を続けるのであればそれは含まれているので必要ないかと思います。このちんさんのおっしゃるびたみんDはこちらでもあたえるよう指導されたという友人がいますが,私はまだ言われていません。これも医師によって違うんですね。離乳食を開始してもすべてが離乳食になるわけではなく始めはならしていくのだから,それから全ての栄養を取ろうと期待するかしないかの違いのように思いました。Nyaiさんのおっしゃるとおりですよね。ギリシャでも,けっこうたくさんの量を与えていました。

日本流つまり,私の信じる方法を貫こうとすれば,夫や義母との闘いがまっています、それを思うととても憂鬱です。でも納得できないのは、どうして、こうも、市販品を好むのかという所です。母乳育児をしたかったのに、医師のすすめのまま,始めから混合を指導されました。何も知らなかったので,母乳育児に戻るまで結構苦労しましたが。スペインも遅れているとmamsitaさんのコメントに有りましたが,
ギリシャは更に更に遅れていますね。(これを遅れと言っていいのかはわかりませんが)

2007-10-19 16:00

21: 口コミさん
ルーマニア在住、8ヶ月の娘の母親です。皆さんのコメント、興味深く拝見しました。お国が変われば・・・ですね。

ルーマニアの離乳食も、日本のものとはだいぶ違います。こちらでは基本的に1食1品のようで、例えば、午前にスープ、お昼にフルーツとヨーグルト、夜にはライスシリアル、など。この間1歳になったばかりの子のお母さんと話をしましたが、その子は3回の離乳食(毎回1品)のほかに、朝と寝る前にシリアル入りのミルクを飲んでいるそうです。腹持ちがよいというのが理由のようですが、シリアル入りのミルクを哺乳瓶で飲ませることの弊害というのを、どこかで読んだことがあります。お医者さんからは、そろそろ大人のように1食に複数の品を食べさせるように、と指導を受けていると言っていましたが、うちの子がすでに1食に何品も食べているのを聞いて、とても驚いていました。

離乳食を始めたといっても、初期のうちは栄養素ほぼすべてを母乳またはミルクから取っています。中期でこれが30(離乳食)対70(母乳・ミルク)、後期になってもまだ60対40程度で、まだまだ母乳やミルクが重要な役割を果たしているそうです。ということは、初期なんて離乳食の栄養素って、そんなに大事なわけでもなさそうですよね。それよりは、食べる楽しさ、いろいろな味を知ることのほうが重要なんじゃないかしら・・・

うちの夫はノルウェー出身ですが、田舎で手に入る食材が限られた地域で育ちましたので、いまだに「グリーンピースが嫌い」とか「ピーマンが嫌い」とか、まるで子供のような味覚です。親戚の子供たちも、押しなべて野菜は苦手。聞いてみると、離乳食の頃、好きな食べもの(バナナ)に混ぜて野菜を与えていたそうです。そのまま野菜自体の味に慣れずに大きくなってしまった、そんな印象を受けます。

私は、やはり旬のものをおいしく食べられる、その楽しさを味わって欲しいな〜、と考えているので、とにかくいろいろな食材を食べさせています。こちらの人にとってはありえないくらい!もちろん、手に入る食材は限られていますので、頭を悩ませることも多いですが。

自論なんですけど、食材の種類を増やすと偏りが少なくなりますよね。1食材の摂取量も自然と少なめになるから、特定のものを摂取しすぎてアレルギーを引き起こすようなことも避けられるのでは・・・と考えています。

鉄分とビタミンDは、ヨーロッパではよく言われますよね。鉄分は、ミルクなら粉ミルクに必ず添加されていますし、母乳だとしても、レバーなどが食べられるようになる頃まで、特に心配する必要はないんじゃないかしら・・・ビタミンDは、ギリシャならお日様さんさんですよね!太陽光線を浴びることによって生成されるものなので、こちらもあまり心配なさそうですよね。ルーマニアでもビタミンDシロップを飲ませるようにと言われましたが、自分の日常生活を考えてみて、あまり必要性が感じられなかったので飲ませませんでした。こちらのお医者さんは、「取りすぎによる弊害」については全然考えていないところがあって・・・処方されたビタミンDシロップの1回の量は、他の国の摂取量の2倍でした!

あとは、お医者さんを変えてみるというのも手では?ここでは、アメリカやフランスで学んだお医者さんもいます。たいていがプライベートのクリニックになってお高いですが、1度行ってみてギリシャ的でない離乳食の進め方のアドバイスをもらえば、周りの方も納得するのでは?ギリシャではどうか分かりませんが、ここでは西側=すばらしい!という考え方があるので、「アメリカで医師免許を取った先生がこう言った」と言えば、誰も反論しません(笑)。

あとは、適当に話をあわせておいて、言うことを聞かない。ノルウェーの親戚や近所のルーマニア人からの(私にとっては)不適切なアドバイスは、「へ〜、そうですか。やってみます!」と調子のいいことだけ言っておいて、右から左です。

今はネットで情報が手に入るから、いろいろと調べてみて、納得された方法で薦めるのがよいと思いますよ。楽しく離乳食が始められますように!数ヶ月経つと、すっかり大雑把になってしまって、最初の頃に食べさせる量を計量スプーンで量っていたのが懐かしいです!

2007-10-19 16:16

22: 口コミさん
私は住んでいるのがアメリカなのですが、ニューヨークのアストリアというギリシャ人が多いコミュニティーに住んでいて、うちの子達のかかりつけのお医者さんもギリシャ人です。先生は医大はギリシャで言ったようなのですが、トレーニングとプラクティスはアメリカでしているので、離乳食の指導はアメリカ式でした。あまりごちゃごちゃと採血とか検査するタイプの先生ではなくて、わりとおおらかな感じです(まあ、これは個人の性格によるのやも知れませんが)。

トピの本筋からそれてしまいますが、離乳食に砂糖入りクリーム!!
どうりでギリシャ料理のデザートは甘い訳だ!
グリーク珈琲もデザートも日本のスタンダードからしたら頭が痛くなるほど甘いですよね!!(とちょっと受けてしまいました)

ご主人、お母様は (a)だます(言い方は悪いですが)か、(b) 違う先生をなんとか見つける、(c) またはアメリカ/イギリスで一番スタンダードな育児書を見せて納得してもらう、というのはどうかしら?

あと他の皆さんも言ってらっしゃいましたが母乳を続けるのなら離乳食の栄養価にそれほどこだわらなくてもいいと思います。食べる練習、くらいで。(でもだからこそよけいな砂糖とかクリームはとって欲しくないですよね!!)

家の下の子は好き嫌いが激しく、食べる食事の95%が白米ですが(笑)どんどん大きくなっているのでよしとしています!!

2007-10-20 01:00

23: ななこ
ネパール在住、15ヶ月の男の子がいます。最近だんだん大人と同じものを少しずつ食べれるようになってきました。

私も、離乳食は一日の間に栄養バランスが大体取れていれば、母親の一番やりやすい方法で進めていけばいいと思います。私もこれまで日本式でやってきましたが、ネパールでは一般的に味の濃い食事が好まれるので、日本の離乳食のとにかく薄味で素材の味を楽しませようというのはあまり馴染みのない考え方のようですね。

でも、日本流でやろうとしても食材がなかったりしますし、その土地であるものをうまく利用するのも必要だと思います。内陸国ネパールでは白身の魚なんて絶対に手に入らないので、最初の頃のたんぱく源は、卵とヨーグルトに頼りました。エネルギー源も、最初は本のとおり白粥じゃなきゃって一生懸命作っていましたが、息子は見事に食べてくれず、行きつけの小児科で勧められたライスシリアルパウダーをミルクで溶いてよく食べさせました。南アジアでは、どうやらこういう市販のシリアルパウダーをよく使うようです。

極め付けはここ1週間ほど息子が食べるのはネパールの主食のダルバート(ごはんと豆カレー:豆は圧力鍋で煮るのでトロトロになる)のみ!今まで好き嫌いは全くなかったのですが、最近突然色々な物を舌で押し出して拒絶するようになりました。ところが、先日行ったプレイグループで昼食にダルバートを初めて頂いてから、これならいくらでも食べるんです!

そこで考えたのが、豆と一緒ににニンジンやほうれん草などの他の野菜も形のなくなるまでやわらかく煮て入れてしまうこと。息子はそれでだまされて、文字通り毎食、野菜入りダルバートを食べています。

こんなにネパール料理に頼るようになるとは夢にも思いませんでしたね。日本から持ってきた離乳食の本の色とりどりのメニューを見ながら早く他の食材もちゃんとまた食べるようになって欲しいとため息をつくと同時に、でもまあこういう時期なんだろうと受け入れています。

一番大変なのは、お義母さんとのバトルですねー。日本では素材の自然な味をまず覚えさせることを重視するから薄味の料理をしたいって説明しても理解してもらうのは難しいんでしょうか。それか、一生に一度かもしれないこの時期の子育て、市販のものではなくて自分の手作りで食べさせたいんだ!って主張してみては?

2007-10-21 01:26

スレッド一覧

海外で出産!こんなはずじゃぁ。とか。 04/07/22 23:09 飛行機で里帰り 04/11/23 02:45 乳歯が抜けそうなときどうしてますか? 05/02/06 04:00 赤ちゃんのひきつけ 05/03/11 22:40 子供用の薬 05/05/20 00:11 子供のお弁当 05/06/24 19:29 いい保育園・悪い保育園。 05/09/11 17:50 靴事情! 05/09/28 05:02 中国大連より。。妊娠5ヶ月です。 05/10/13 22:04 水分補給について 05/10/14 19:45 言葉 05/10/23 02:56 ★お知らせ〜補習校についてのコミュ 05/10/23 21:00 お正月のイベント 05/11/17 12:26 保湿剤 05/11/18 00:03 子供の誕生日 05/11/29 02:23 ロンドン(および近郊)在住の方へ 05/12/19 08:00 Daycareへの不安 05/12/24 18:31 3ヶ国語で育てるには。 06/01/17 13:02 長時間移動、授乳どうしてますか? 06/01/19 17:19 とっても大きな6カ月児の里帰り 06/01/25 22:45 日本の小学校への(短期)編入について 06/03/15 07:07 この薬についておしえてください。 06/03/19 13:27 〜3歳の子におすすめなDVD(日本から持っていく) 06/04/02 23:43 ベビーベット使っていますか? 06/04/13 08:11 帰国機内での哺乳瓶消毒について 06/04/14 04:13 息子の1st Birthday Party 06/04/19 12:59 香港での幼稚園 06/05/08 00:36 Nosy nelly #(number) 9 06/05/11 03:24 パスポートについて 06/05/13 15:00 子供は納豆を食べますか。 06/05/17 17:09 子供の日本語事情 06/05/20 22:30 哺乳瓶消毒 06/06/07 23:23 日焼け、虫刺され対策はどうしてますか? 06/06/08 09:14 予防接種の違い(ポリオについて) 06/06/09 12:18 授乳時間 06/06/15 00:18 ロンドンのパーティーグッズを扱っているお店 06/06/30 18:39 新生児の沐浴について 06/07/01 00:57 教えてください!! 06/07/24 02:12 CribとBassinetはどっちが便利? 06/08/15 11:56 LA空港で乗り換え 06/08/26 23:01 里帰り中での寝かせ方 06/08/30 06:34 Flu Vaccination 06/09/09 04:45 3ヶ月のベビを連れての帰国について 06/09/15 10:56 保育園を嫌がっています 06/09/15 18:19 乳児湿疹についてお尋ねします。 06/09/17 14:42 バスタブがない・・・ 06/09/18 15:22 土足の家での幼児の遊ばせ方 06/09/22 01:53 生後3ヶ月の子供の便秘 06/09/26 04:31 ユニークな離乳食教えてください! 06/10/21 04:59 Glider Rocking Chair 06/10/25 06:26 カジュアルドレス 06/11/06 17:04 好き嫌い 06/11/20 08:10 断乳のタイミング 06/12/05 00:58 クリスマスプレゼント 06/12/07 11:55 クリブで寝てくれません 07/01/08 22:41 妊娠中に飛行機で長距離移動をしたことがある方 07/01/10 05:29 子連れ可のゲストハウスってありますか? 07/01/22 11:13 2月15日、CDG18時05分発、JALで帰る方 07/02/05 21:01 Teletubbies 07/03/14 11:02 コミュニティ・「スウェーデン式子育て」 07/03/18 00:32 チュニジアのベビーシッター 07/04/11 06:54 授乳をやめる時期 07/04/18 06:17 ダニ媒介の感染症 07/04/26 03:06 プリスクールについて 07/04/26 04:38 夜中のミルク 07/05/10 04:35 テレビばっかし 07/05/16 05:17 スーザー(おしゃぶり)をとる方法? 07/06/13 23:05 パパと子供だけでの帰国について 07/06/14 16:24 日本特有の育児グッズ 07/06/24 12:12 子供の髪質 07/07/10 07:38 日本での携帯電話レンタル 07/07/21 12:17 医療保険。 07/07/28 21:50 中国産おもちゃ 07/09/05 12:52 飛行機に乗ったあとよく寝るように・・ 07/09/22 16:22 二重国籍?! 07/10/10 00:23 お住まいの国での離乳食はどんな感じですか 07/10/17 21:22 イタリア子連れ旅行に関する質問 07/10/22 00:35 乗り継ぎ。。。 07/10/23 05:23 DVDについて 07/10/29 22:34 MMR接種について 07/11/28 22:47 マルチリンガル育児 07/12/19 15:53 義両親としつけについて 07/12/28 07:38 4歳でトイレ恐怖症 08/01/15 11:32 日本で週末3歳児を一時見てくださるところは・・・ 08/01/22 23:15 アレルギーについて 08/02/16 01:46 外出中の時のトイレの件で。 08/02/19 12:21 日本の子育て関連用品転送いたします! 08/03/03 23:37 1歳の子供 国際線の機内でチャイルドシートは必要でしょうか? 08/03/09 22:08 イギリスのアレルギー用ミルク 08/04/02 21:44 日本の子供服についての質問です 08/06/20 13:58 母子手帳に代替するもの 08/07/06 05:45 飛行機内での子供用シート 08/09/09 02:34 一時帰国で長期滞在、幼稚園or保育園は? 08/10/08 00:14 誕生日の歌、日本語版は? 09/01/22 16:59 イギリスから子連れ(1歳8ヶ月)で行くおすすめのリゾート地 09/02/25 08:40 ジャスパートイ社について 09/04/08 06:41 第二子のBaby shower 09/06/02 17:55 ☆ご相談☆出産祝いに関して 09/10/21 23:41 海外子育て情報サイトはじめました! 10/01/06 01:57 TDLでベビーカーは何歳くらいまで? 10/03/06 22:40 こ◯チャレンジ 10/04/11 08:43 お風呂について 10/07/06 11:44 2人連れて里帰りの際の飛行機の座席 10/07/06 15:43 節約サイトつくりました 10/08/15 22:11

サイト内検索