2005年09月22日 00:07
え〜。。。kuchikomiをはじめまして、試しに作ったコミュですが、参加者がきてくれたので!!自己紹介トピックを立てます。

私は中学校の時に出会いました。
それからずーっト好きで、絶対に自分のお金で買うと決めたシリーズです。
(子どもの頃は絶版とか知らなかったから)

グリーンノウの世界観が大好きで、大人になっても離せません。

最近、子どもと図書館へ頻繁に行くようになって、
グリーンノウ以外の作品も読む初めました。
おいおい広げて生きたいと思います。

あ!中でも大好きなのは「グリーンノウの煙突」と「グリーンノウの魔女」。。あー!!全部好きだ!!(笑)

こんな管理人ですが、ヨロシク。

レス

1: 口コミさん
はじめまして。
大好きなシリーズです!

2005-09-29 01:57

2: 口コミさん
NAOMIさん

初めまして。
試しに作ったコミュですが、参加してもらえて嬉しいです。
これからもヨロシクです♪

2005-09-29 22:29

3: ノウ♪まるちゃ
はじめまして!

グリーン・ノウのシリーズが大好きです。
残念ながら、大人になってから出会ったのですが…。
それでも、もう10年ほど経つでしょうか。
児童文学といわれて、真っ先にお薦めしてきたシリーズです。

「海のたまご」
「リビイが見た木の妖精」
など、ボストンの作品はどれも好きです。

良かったら、画像お使いください。
どうぞよろしくお願いいたします。

2006-01-23 23:38

4: 口コミさん
ありがとうございます。

リビィは子供について図書館へ行って見つけて読みました。
海の卵はまだです。

一枚目の扉絵。
すごく明るいですね。
原文で読まれるのですか?私は全くだめなので、うらやましいです。

これからもよろしくです♪

徐々に、おすすめ掲載などをして、その文章などもアップしていくしていく予定ですが、・・・気長にお付き合いください。。。

2006-01-24 12:53

5: 口コミさん
はじめまして!
グリーン・ノウのコミュニティを偶然見つけて
やって来ました。
「グリーン・ノウの子どもたち」
を中学生の時に図書館で手にとってから、
十数年たちましたが、何度読み返しても、
当時と変わらない、胸があったかくなる感覚が
よみがえって来ます。
「グリーン・ノウの煙突」もかなり好きです。
あと、一作目の登場人物達が活躍する話が
お気に入りです。(ほとんどそうですが)

学生の頃はハードカバー買えなくて、
てのり文庫版を買ったのですけど、
あれは結局一冊しか出ませんでした・・・

2006-08-12 21:15

6: 口コミさん
はじめまして!
「ルーシー・ボストン」で検索しちゃったので、見つけられなかったのですが、今日日記にボストン夫人のことを書いたら、友人がこのコミュニティを見つけてくれました。うれしいです!
最初の出会いは小学5年のとき「グリーンノウの川」
以来はまって、かなり影響を受けました。
日記にも書いたのですが、今年の5月に評論社から「ルーシー・M・ボストン自伝
 メモリー」という本が出てました。
よろしくお願いします。

2006-11-14 01:31

7: 口コミさん
初めてまして

中学の時に読んで凄く好きに成りました
その時のタイトルが「まぼろしの子どもたち」で、大人に成ってから本屋を巡りましたが見つけられず諦めて居たのですが、友人が探し出しクリスマスに全シリーズをプレゼントしてくれまして、初めてタイトルが違う事に気付きました
コレは訳の関係でしょうか?

何はともあれ、再会出来て、更にコミュ迄入る事が出来て幸せです

2006-12-24 01:30

8: 口コミさん
☆さとしさん☆

遅レスでごめんなさい!

私も煙突大好きです!
最後のトーリーが宝を見つけるシーンを読んだ時の興奮は忘れられません。
ハードカバーで、機会があれば揃えてみて下さい。
自分の本棚にそろってるのはいいですよ。
いつでも会える感じ(笑)
これからもよろしくです♪

☆ふんこいのんさん☆

はじめまして♪いいご友人をおもちですね(^^)♪
川で登場したピンが、ゴリラを経てまた魔女でトーリーと同じ時間を過ごすのがたまりません(笑)
あの前作ではただの川が、あそこまで広がるとは思いませんでした。
これからも色んなお話しましょうね♪

☆雪音さん☆

きゃぁ♪こちらもいいお友達をおもちですね!
そうですね、訳者が違うのもありますが、評論社から出てるハードカバーが、唯一全作品を日本では出版出来たようです。
このシリーズ以外も日本で出版されていますけど。。。
う〜ん。私はグリーンノウが一番好きかなぁ。。。


☆トピたては自由ですので、どうぞご活用ください♪☆

2006-12-30 19:15

9: ノウ♪まるちゃ
みなさま、はじめまして。
どうぞよろしくお願いいたします。

雪音さんと同じく、私も図書館で学研版(瀬田貞二訳)の
『まぼろしの子どもたち』を借りたのが最初でした。

のちに、評論社のシリーズを知って購入。
当初は挿絵も訳も、雰囲気が違うので戸惑いましたが、
続編の面白さに夢中になって、しだいに文体にも慣れました。

ある時、神戸市(岡本)のひつじ書房という店で、
絶版になった瀬田貞二さんの訳の話をしたら、
偕成社文庫に入っていると教えてもらいました。
しかし少年文庫のサイズでは、違和感があって・・・

その後も探し続け、最近になってやっと、古本屋さんで
学研版の函入りハードカバーに巡り逢いました(^-^)

あとがきによれば『グリーン・ノウの子どもたち』が
初めて出版された時には、ピーター・ボストンさんの
挿絵は入っていなかった。学研版はその原本の雰囲気を
醸し出そうとされたようです・・・ 

最初に読んだ印象が強く残ってしまうのは仕方ないですが、
それぞれの訳者の労作、どちらも素晴らしいと思っています。

2007-01-12 14:04

10: 口コミさん
☆ Hi-gmaさん☆

はじめまして!

すごい!長年探していた本との出会いって、本当にうれしいですよね。
私は評論社のほかには、図書館でチラッと読んだことしかなくて、ちゃんとお付き合い(?)したことがないのです。
だから第一印象で言っちゃってますね。
今度は違う方ともしかっりお付き合いしてみたいと。。。
図書館へ行くと子どもの借りる本でいっぱいで、ついつい挫折。
まぁ気長にお付き合いください。。。




トピたては自由です。
堅い話もやわらかい話も、たくさんしましょうね♪

2007-01-12 22:37

11: 口コミさん
こんにちは
お久しぶりです

私が初めて読んだのがHi-gmaさんが載せて下さった写真の本です
凄い、びっくりしました!!
特に下の写真が記憶に残って居ます
又見る事が出来て、本当に嬉しいです

私も古本屋さんを巡り巡って見ようと思います


Hi-gmaさん、有り難うございました

2007-01-22 11:44

12: 口コミさん
ノウ(まるちゃ)さん

レス、有り難うございました
こちらこそ、宜しくお願い致します

友人は「グリーン・ノウ」を地名だと思って、検索に掛けて探し出したんだそうです
私が「グリーン・ノウに行きたい、又読みたい」と、何度も言って居たのですっかり覚えてしまったんだそうです

クリスマスに宅急便で本が届いた時はびっくりするやら、嬉しいやらで友人にとんだ間抜け面を晒してしまいましたが…



グリーン・ノウは何時、何回読んでもドキドキさせられる本で、ずっとずっと大切に読んでいきたいです


私も子供が出来たら一緒に本を読めたら良いなぁ…親子で図書館って憧れます

2007-01-22 12:07

13: 口コミさん
二度目の「こんにちは!」です。
私はその昔、ボストン夫人に会いたくて、イギリスまで行って
ついに会えた!という思い出があります。
そのくらい、子供の時に影響を受けたんですよね。
会いに行った時のことを 昨年の11月12日の日記に、簡単ですが書いています。
興味のある方、読んでみてくださいね。

2007-01-23 00:40

14: 口コミさん
うわ〜(;_;) 感動。
自分で作ろうかと思っていたくらいなのですが、コミュがあってうれしいです。
よろしくお願いします(^^)
小2くらいの時に読んではまりました。
小学生高学年の時、塾をさぼって通っていた図書館で、繰り返し繰り返し読んでいました(^^;

ふんこいのんさん、ボストン夫人にお会いになったんですね〜
わたしも高校生の時に会いに行く計画を立てたものの、結局実現せず。
新婚旅行でグリーン・ノウのモデルと息子さんを訪ねようと思ったのですが、これまた実現せず。
同じ年に新婚旅行で行った友人から絵はがきやパッチワークのクッションカバー(ボストン夫人デザイン)のお土産をいただいて、歯がみしたものです。

「ボストン夫人のパッチワーク」ダイアナ・ボストン 平凡社
は、お屋敷の中の写真もたくさん載っていて、とても面白いですよ〜
訳はお屋敷に下宿したことのある林望さんです。
き〜っ!(って、昔「イギリスは愉快だ」を読んだ時に歯がみした)

2007-03-29 10:23

15: 口コミさん
れん(?)さん、はじめまして!
ボストン夫人、本当に深い影響を与えてくれる方ですよね。
本当に素敵な方でしたよ。
「目をつぶって手を出して」と言われてそのとおりにしたら、
手のひらに木彫りのネズミをちょこんと乗せてくださったり、
お庭で「この先に何があるかわかる?」と言われて
「グリーン・ディア?!」と聞くと「さぁ、行って自分で見ておいで!」
・・・ってな感じで。屋根裏の子供部屋も、一人で行かせてくれました。
こんな貴重な思い出を、好きな方とシェアできるなんて嬉しいです。
今まで周りには誰もファンがいなかったので・・・!

2007-03-29 13:54

16: 口コミさん
☆れん(?)さん☆

初めまして!
喜んでいただけて嬉しいです!
私もkuchikomiを始めた時に探しても無くて。。。
好きという気持ちだけで、知識も無く始めてしまいました。
専門的な話から、お茶飲み話までメンバーの皆様に展開して頂ければと思っています。

あのぉ〜。よければ、お土産に頂いた品々を、拝見したいです。
画像でアップ出来れば、トピでばばんと!!でキタラで結構ですので。。はい。。。

☆ふんこいのんさん☆

あぁ!!木彫りのネズミ!!(T△T)
もうもう最高です!!
なにか旅行のときの写真など、コミュにも発表して頂けるとありがたいです。はい。。。

2007-03-29 17:13

17: 口コミさん
はじめまして。私も大好きです。子どもの頃2〜3冊読んで大好きでした。大人になって、自分のお金で全巻買って読みました。いや〜ボストン婦人に会いに行かれた方々もいらっしゃるのですね〜。すごい!早速日記、読ませていただきまする。
ところで『まぼろしの子どもたち』って、タイトルは見たことあったけど、まさかグリーンノウのおはなしだったとは!今はじめて知りました。

映画化とかならないのかな?あっ、でもディズニーっぽくなったらヤダな。空気が違いますよね?

2007-04-10 23:06

18: 口コミさん
はじめまして!
コミュがあってすごくうれしいですうれしい顔
私は小学生のときに読んで大好きになりました!!
子供ができたら是非読ませたい本ですぴかぴか(新しい)

よろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)

2007-06-22 20:34

19: 口コミさん
はじめましてこんにちは
私は、最近近所にある素敵な絵本屋「よちよち屋」さんの
絵本の講習に通い始めこの本と出会いました。
初めの出会いは、選ばれたたくさんの本の中から一冊選び
次の講習までに読んで来るといった宿題から始まりました。
遅れて行ってしまった私は、残っている本の中から
気も進まずこの本を手にしたのがきっかけでした。
読み始めたらおもしろくてたまらなくなり
自分で図書館に行って次々と読んでいます。
「グリーンノウのこどもたち」が読み終わるともう
その世界の虜になってしまい、次の本を借りに行くまでは
自分も休みが終わりグリーンノウから離れてしまった気持ちになり
お話が始まると自分も休みになりまたその世界に戻ってきた
ような感覚になってしまいます。
今まだ「グリーンノウの川」を読み終わった所です
次の作品を読むのが楽しみでしたかありません。
本当にこの作品に出会えて良かったです。
まだまだ読み途中ではありますが皆さんよろしくお願いします。

2007-06-25 18:23

20: 口コミさん
はじめまして。
小学校の時に図書館で「グリーン・ノウの子どもたち」に出会って以来、ずっと好きな本です。

トーリーが出てくる話しか読んでいないのですが、「グリーン・ノウの子どもたち」「グリーン・ノウの魔女」それとThe Stone of Green Knowe(これだけ何故か原書で読みました)=「グリーン・ノウの石」が好きです。

ボストン夫人に会われたこともあるなんて、羨ましい〜私もいつか絶対グリーン・ノウを訪れてみたいです。
英語ですが、こちらのリンク先がモデルになったマナーハウスです。
http://www.greenknowe.co.uk/gallery.html
(ギャラリーページに飛びますので、写真をクリックしていただけばトーリーの屋根裏部屋が見れます)

特別な才能や呪文や杖がなくたって魔法を感じられる世界が素敵ですよね。

2007-09-01 03:07

21: 口コミさん
うわ〜、黒い羊さん、DianaさんのHPがあったんですね。
嬉しいです。写真を見ただけで、なんだか吸い込まれていきますね。

2007-09-01 10:54

22: 口コミさん
ふんこいのんさん
私もHPを発見した時は喜びましたわーい(嬉しい顔)
パッチワークをみると物語に出てきた「つぎはぎ細工」を思い出します。聖クリストファー様はいないのかな?と探しちゃったり・・・

2007-09-02 00:39

23: 口コミさん
クローバー黒い羊さん

すいません。ものすごく亀レスです。


ご紹介いただいたHPを拝見しました。

感動です!

ここでは埋もれてしまうといけないので、トップページに紹介させてください遊園地ハート達(複数ハート)

2009-01-10 16:31

24: 口コミさん
皆さん、サイトのことはご存じなかったんですね。
もっと早くにわたしもご紹介すればよかったのか〜(笑)

久しぶりにグリーン・ノウのサイトを見に行ったら、
前のコメントで紹介した、
「ボストン夫人のパッチワーク」ダイアナ・ボストン 平凡社
のオリジナルの再版先を探しているという記述がありました。
絶版になっているんですね〜(^^;

2009-01-10 16:47

25: 口コミさん
ノウ♪まるちゃさん

トップページの件、光栄です。
他にもご存知の方がいらっしゃったのに、なんだかすみませんあせあせ

本の世界が実在するなんて驚きですよね!

2009-01-12 00:57

26: 口コミさん
はじめまして。
中学の図書館で読んでからのファンです。

昔BSでマナーハウスと、ボストン夫人のご家族が
テレビで出ているのを拝見したことがあります。
その時は、すでにボストン夫人は亡くなっておられました。

その時に、司会進行をしていたのが
「イギリスはおいしい」の作者の林望さんです。

林望さんの本にも少し、マナーハウスとボストン夫人について書かれています。
林望さんは一時期、マナーハウス下宿されていたそうで、
うらやましい限りの話です。


そのうち、マナーハウスだけでも訪れてみたいと思っています。
今頃からの参加ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

2009-07-21 20:49

27: 口コミさん
遅まきながら初めまして。
つい先週mixiデビューしました。まだ取り扱い方がよくわかってませんが、
よろしくお願いします。

もう20年以上前のことになりますが、私もボストンさんにお会いしたこと
があります。
確かあとがきかなんかに訳者の亀井俊介さんがボストンさんに会われた時
のことを書いてらして、亀井さんは住所をご存知なんだ! と評論社宛に
手紙を書いたら、亀井さんがご親切にも住所を教えてくださったのです。
それで早速「毎月出す」と決めて、花の絵葉書を送り続けていたらしばら
くして返事をいただきました。
1年ぐらいしてイギリス旅行を決意、ボストンさんも「ぜひ訪ねていらっ
しゃい」とおっしゃって、ついに憧れのマナー・ハウスへ・・・。
1987年のことでした。

2009-12-03 16:45

サイト内検索