2005年08月01日 23:07 by いちろ〜
病気の子どもに限った話じゃないんですけど、先日子どもキャンプに行ったときに思ったこと
「野菜嫌いな子が多い」
 一緒に食べてても肉料理はさっさとなくなるのに、サラダ系は手もつけない子が多い。特に緑ものはみんな苦手みたい。ちょっと入っているだけで全く食べようともしない。

「食事の途中に普通にトイレに行って来る」
 こういうのって礼儀やしつけに入るのでしょうけど、何らかの病気とかあると我慢するのはいけないとして、平気に行くのはいかがなものなのか・・・。

子どもキャンプだからそんなに厳しくはしたくなかったけど、ちょっと口出してしまいました。
こういうのって毎日の家庭での状況が反映されるんだけど、このことどう思いますか?

レス

1: 口コミさん
今の教育現場ではこれが最大の問題点で・・・
いつか何処かに書いたかも知れませんがしつけは誰がするのか?学校や社会に押し付けている場面がよくあります。

カブスカウトのリーダーを5年ほどやってたのですが
毎日の着替えをセットしてリュックに入れてきた子は自分で入れてないので着替えが出来ない。
忘れ物してもお母さんが入れてないから・・・と知らんふり。
ひじをついて食べ椅子は斜めに座る。
ボランティア事業なのにスポーツクラブ(有料)と同等に思っている。
親もカブ入れてるのにしつけが出来ない・・・と言う始末。

まれに・・・という単位ではありません。

先日も中学の引率で「ふりかけ許可」の子供がいて何故かというと好き嫌いが多いので親が頼んできたらしい(怒鳴り込む親)

なんだかおかしいおかしい。

最低のマナーは親の責任です。困るのは子供なのです。

私は近所の子にも気になったことは注意をしますよ。

2005-08-02 01:09

2: 口コミさん
別の発言でもそうなのですが、
専門家には親の至らなさばかりが目に付くようで、
専門家ではなく親である私には、耳が痛く、
そして親という存在への無理解を感じています。
私は自分の子どもには最低限のマナーを教えているつもりですが、
至らぬこともあると思います。
ご迷惑をおかけしている親の一人として、
専門家さんたちに謝罪いたします。
そしてお願いです。
反撃にあったりいやな思いもされるでしょうが、
馬鹿親と見えると思いますが、叱咤してください。

私は仕事として育児をしている人たちとお付き合いがあります。
相談に乗ることもあります。
その中で、「これはアリですか」「常識的にはどうするのですか」
という質問が多くあります。
自分の子どもをどう育てていくかというよりも、
周りの人がどう思うかということに、心を砕いて育児しないと
いけないのです。
そんなのはおかしいと思います。
そしてそんな環境を作らないでください。

ところで、病気であろうと学校にいようと家にいようと、
子どもだって社会に生きる人間です。
社会のマナーや配慮を遵守させることに遠慮はいらないと思います。
その態度は、「この子には将来がない」からという理由で、
教育を受けさせるすべがなかった時代と変わりありません。

非常識と思える親はたくさんいると私自身も感じています。
その親にも専門家の方々に、ご指導を下されば、
ご多忙とは思いますが、無力感を感じる場面もあるでしょうが、
切に願っています。

2005-08-02 08:45

3: 口コミさん
ふむ。
私は仕事では病気の子供さんしか見てないので、健康な子供さんのことはよくわからないので、偏った意見になってしまうと思いますが。
確かに、偏食は気になります。
「メロンパン食べたから、おなかいっぱい」と、夕飯を食べなかったり。間食が、食事の妨げになっちゃいけない。これって、基本のはずですよね。
摂食障害の方だけの話じゃないんです。
「きらーい」「まずーい」って手を付けずに、食事を下げる。
病院食だから、美味しくはないのかもしれない。けど、作った人の前で、それはないんじゃない?
一言謝って下げることも出来ない子が多いのね。
口で言うだけの「いただきます」と「ごちそうさま」。本当に意味がわかってるのかな?

2005-08-02 12:22

4: いちろ〜
早速の反響があって嬉しい限りです。

食事の話からいろんなことに波及しましたが、根本は一緒なんでしょうね。今回キャンプに行ったときに「学校じゃないから・・・」ということであまり厳しくしないようにとは思ったのですが、さすがに気になってしまって子どもたちにも言ってしまいました。

病気だった子だからといって何でも許されるわけではないと思います。確かにそういうこと教えていかないと困るのは子どもの方ですし。

確かに親御さんも大変だと思います。なので自分たちがフォローしないとなんですけどね。

2005-08-02 23:31

5: 口コミさん
なぁ子Hさん
そうなんです。私もつい書いてから気になったことがあって・・・。

立場が違う同士話が出来る環境が欲しいと思いますね。
子育て中の人と終わった人、学校の先生と親、専門家と現場の人・・・など

文字で書いてしまうとへらべったい部分での交流になってしまいがちで・・・少し問題があるとおもいます。

私は看護師やっててDrが患者さんにアドバイスした後一人一人に声をかけどう理解しているかを軽い話題で確かめます。
結構 理解してないのにはいはいと返事しているしてる人が多いのです。

いくらいい話も 聞く人が体制とっていないと伝わりませんものね。

2005-08-03 09:41

6: 口コミさん
月下美人さん,皆さん

何を「そうなんです」と受けてくださったのか、
ちょっと分からないのですが。

患者は医療者の言葉を、分からなくても分かったようにして
しまうことがしばしばあります。私自身も経験があります。
分からないことはインターネットや親の会で聞こうと思うこともあります。
医療者にしか分からない難しい言葉の羅列であったり、
ムンテラが忙しい時間を割いて行うことをナースに聞かされていたり、
医師が怖そうだったり、理解のできない自分が悪いと感じていたりする場合。
ほかに、親としての資質が不足しているとか、不十分であることを叱責されたことの
ある親はそういう傾向にあるように思います。
たとえば、食事のしつけがなっていないというようなことを言われたとしても、
ひどいことを言われたというような印象を持つだけになってしまいがちです。
育児サークルなどでは、「健診でこんなこと言われた」ということが話題になるたびに、
「大丈夫、保健師の言うことなんてマニュアル的だから聞き流せ」と
アドバイスをする人がいて、それが正しかろうがどうか言葉と立場が違うだけで、
「大丈夫といわれて安心しました」という流れになります。
医療者は正確で的確に指導してくださいますが、
患者に受け入れられない言葉では、「聞く体制」はできません。
科学的に正しくても、状況と感情と聞く側の資質を考慮した言葉でなくては、
伝わらないと思っています。

正直、少し年齢を重ねた私にとって、
「都合のいいことは聞くが、努力してまで理解しない」という態度には、
大きな疑問を感じています。
病棟の子どもとその家族へのサービスを考える場合、
特異な変化をしている育児の周りの人々の様子にも心を配る必要があります。
患者を目の前にした専門家のもっとも信憑性のあるはずの情報よりも、
インターネットの先の見知らぬ人の情報を受け入れるということの矛盾を感じます。
病院という患者にとっての非日常、必ずしも聞くことの能力がない患者にとって
「聞く体制・姿勢」を整えることは医療者が感じる以上に困難なことです。

重ねて書きますが、子どもへの指導は、病気の有り無しにかかわらず、
必ず必要なことだと思っています。
同様に、その親への指導、説明も、
病気を理由に中止する必要もないと思っています。

2005-08-03 20:11

スレッド一覧

100?以上の前開き肌着について。 12/11/02 23:49 子どもが笑顔になるファッションショー★ 12/08/25 00:20 【本日締め切り】歌って・踊って・笑って☆MUSIC & COMMUNICATION PROJECT 11/06/25 17:19 小児脳幹部グリオーマの会 11/05/21 11:08 栃木県にお住まいかと自治医大にお世話になってる方いますか? 08/10/10 01:40 1才半の通院介助 08/06/02 23:25 はじめまして 06/05/15 13:19 市役所に質問&提案状を出します 06/03/16 15:18 野村みどり先生 逝去 05/10/04 09:13 医療関係者に求めること 10/06/23 21:09 「レッツチャット」存続署名のお願い 10/08/24 12:57 子どもたちに、野外でのあそびを通じたまなびを! 10/03/14 00:37 TV見てください!第二弾! 08/09/11 10:22 精神的に悩まれてる看護師さんへ 08/09/26 23:28 福岡こども病院の移転問題について 08/09/23 20:44 院内保育を行っている病院一覧 07/01/30 23:08 こころのメール相談のご案内 06/07/26 17:37 アイディアをください!! 06/07/02 00:18 中山 七海ちゃんの支援についてお願い 06/01/14 18:15 【参加者募集】歌って、踊って、そして笑って!ヤングアメリカンズによる音楽教育ワークショップ! 12/07/23 20:33 エコキャンドル製作ワークショップ!! 12/04/27 10:28 日大練馬光が丘病院の存続要請についてご協力ください! 11/09/08 06:51 【締め切り延長】歌って、踊って、子どもも家族も笑顔となる☆ 11/07/01 10:21 モニターを募集しています 10/03/06 09:21 入院している子どもたちへ・・・みなさんにお願いがあります! 07/08/20 10:52 無料パソコン学習の勧め 07/03/23 14:39 肥満の子供への心のケアについて。 06/11/15 20:37 1000人突破!! 06/08/20 01:52 はじめまして! 06/04/20 23:13 食事のこと 05/08/01 23:07 ニッセンチャリティーイベント 05/05/25 23:54 クリック募金 05/04/01 15:04

サイト内検索