2005年06月06日 23:34 by Kassy

Kassyが目撃した荒れた院内の様子。

廊下でガンの患者さんの写真(レントゲン)を見ながら、
ぴちぴち看護婦2人「先生〜(ブリッコ)今日はどこに飲みいきますぅ〜?」しかも大声。
若い男の先生「今日はもう勘弁してくれよぉ、うふふ」
ぴちぴち看護婦2人「え〜。昨日約束したじゃないですか〜? 
ねー(二人で)」
「てかこの写真やばくな〜い?」
みんな「あはははうふふふ・・・」

と向こうへ歩いて言った。



1: Kassy : 2005-06-06 23:53
そーいえば、点滴の管に空気満タンでKassyに流し込もうとしていた新人看護婦さん。
これは結構経験ありますよね?(ないか?)
2: 口コミさん : 2005-06-07 21:38
点滴を間違えられたことはあります。
つけ終わった後、何気なく見たら全然違う人の名前が書いてあった。すぐ交換してくれましたが(当たり前)
で、その間違った点滴に書いてあった人って翌日亡くなってるんですよ。ちょっと怖くなりました。
まぁIVHなので中身は一緒なんでしょうけど、許せん!あの婦長め
婦長のミスってやっぱりレポートとかに残らないんだろうなぁ
3: 口コミさん : 2005-06-09 22:59
週二回の点滴は人によって出来不出来がでかく当たり外れに
毎週どきどきでした。

いつもへたくそなMさんが嬉しそうに
「秘密兵器持ってきました」
ってでかい注射針を持ってきて昔ながらに空気圧で吸い上げられた時は死ぬかと思った。

血管が細いから、腕、二の腕、って失敗して何時もはやらない腕の外側で採血をされたのに、何を間違ったか採血した血が
撒き散らかりベットがスプラッター映画に使えそうな様相を呈したときもあったなあ。

精神的には看護婦さんはいい人だったから全然笑い話にしてたけれど、むかつくやつにやられたらぶっ飛ばしてますなあ。
4: Kassy : 2005-06-13 23:33
ぐわ!`;: ゙;`(; ゚;ж; ゚; )ブッ
秘密兵器!
つらいわ〜。

あと、点滴が落ちなくなった時に、血管通が酷いのに、三方活栓から無理やり、秘密兵器もどきで、押したり引いたり・・。

いてててててて!!

解った!わたしがわるうござんした!と何故か負けを認めたくなるよね。

サイト内検索