2011年04月16日 16:08 by たち01

震災から一ヶ月が過ぎ、まだまだ余震も続いてますが日本復興に向けて色々と、被災者に今何をしてあげれるかを考えてたいですね。

1: たち01 : 2011-04-16 16:23
これから問題は山ほどあります。その中で今、的確に何からすべきかを考え一つ一つ確実に問題をクリアしていかなくてはなりません。そのためには日本が一つとなり頑張らなければいけませんよね!皆さん一人、一人の力が大切で大きな力に変わります。復興に向けて頑張っていきましょう。
2: たち01 : 2011-04-16 16:59
政治家 8党の意見

今、日本人の代表の政治家が復興や被災者の為に何を出来るかを一緒に考える訳でもなく、ただ野党は政府の対応が遅いだのダメだのと意見を言ってる!怒りが込み上げてくるのは自分だけだろうか?日本のトップが一つになっていないのに日本が一つになれるのか?こんな時ぐらいは与党、野党ではなく、一人の政治家として活動してもらいたいです。世間は政府の対応が遅いだのとかダメだのとか騒いでますが、自分は政府は一生懸命やってくれてると思います。対応が遅いと思えばその前に他の党がサポートしてあげればいいじゃありませんか?政府がダメだと思うなら一緒になって行動してあげればいいじゃないですか?政治家以外は皆、一つになって協力しあい、サポートや行動も一緒にやっていますよ。今政治家は人の揚げ足取りなんてしてる場合ではない!復興に向けて、日本代表として協力してやってもらいたい。
3: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 04:09
大切なマイミクさんのつぶやきより拝見して、転載します。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1700339052&owner_id=29157455&guid=ON


ありがとうございます。
4: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 04:13
上記

Operation Arigato!!
こないだ「トモダチ作戦」に関する日記を書いた時「どうにかして米軍の皆さんにお礼がしたい!!」と思ったオイラ。

そっちがトモダチならこっちは「ありがとう作戦」だ!!

あれこれ考えた末、UPしている震災前の名取の写真をまとめたフォトブックを見てもらおう、せっかく遠くから来てくれた彼らに、せめて写真でもいいから本来の姿を見てもらいたいと考えて、お手紙も一緒に仙台空港まで渡しに行くことにしました。
とはいえ、オイラの英語力は中学、高校と壊滅的に悪かったせいで、一昼夜でどうにかできるレベルでもなく…失礼なのを承知しつつ、イイネ!やコメントを残してくれた方のプロフィールを拝見し、英語が出来る方の何名かに、下記の文章を英訳していただけないかとお願いしたのでした。



拝啓
「トモダチ作戦」に参加されている合衆国軍全将兵の皆様。
名取市に暮らすものとして、合衆国軍の皆様にどうしてもお伝えしたいことがあり、筆をとりました。
私は、現在では一市民でしかありませんが、かつては日本の陸上自衛隊に所属していました。それゆえ、皆様が過酷な訓練を乗り越えた優秀な軍人であり、そしていま現在どれほど辛く、危険な任務に従事されているか、わが身のことのように理解しているつもりです。日々私たちのために、本当にありがとうございます。いくら感謝の言葉を書き綴っても、とても足りないほどです。

宮城は、かつて伊達政宗という武将が統治していました。
仙台空港の目の前を流れる運河「貞山堀」も彼が建設したものですし、また彼の鎧兜のデザインは、あのスターウォーズのダースベイダーのモデルにもなっています。
日本にはその彼の人柄にちなんだ「伊達」「伊達男」という言葉があります。皆様の言葉で言う「cool guy」のような意味です。
あの惨状の仙台空港に命がけで強行着陸し、僅か一日で復旧させ、多くの支援物資を運び、嫌な顔一つせず、私たちの支援を続けてくださっている皆様にふさわしい言葉だと感じています。

同封した写真は、仙台空港周辺の砂浜を、今年の1月に撮影したものです。
せっかく遠くからお越しいただいたのに、皆様には現在の惨状しか目にしていただけないのはとても悲しく感じ、せめて写真でもいい、是非本来の姿を見ていただきたいとの思いから、この手紙を書きました。
震災当初こそ、あまりの惨状に絶望し、思わず涙を流してしまいましたが、皆様のおかげで、この美しい本来の姿もすぐ取り戻せると、大きな希望を持つことができました。本当にありがとうございます。

「トモダチ作戦」に従事されている合衆国軍全将兵の皆様に、心より感謝と敬意を表して。



いきなりのお願いなんで「なんだこいつ」と無視されてもしょうがないにもかかわらず、皆さん全員から丁寧にお返事していただきました。
残念ながらお忙しかったり、被災して大変な思いをされていたりしていたのですが、そんな中、一人の方が快く英訳してくださったのです。
早速、完成したフォトブックと一緒に、1日に手紙を手に仙台空港へ向かいました。
空港のそばまで行くと、ちょうど米軍のC−130輸送機2機が着陸しようとしているところでした。
普通、飛行機が着陸するときは1機がまるまる滑走路を使うものですが、彼らは先頭の1機が滑走路の真ん中から前を、後続の1機が後端から真ん中までを…っという、滑走路を半分づつ使う妙技で着陸。

5: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 04:15
上記つづき

すっげえ…。
そしてmixiでは公言してなかったけど、飛行機オタクなオイラは気がついた。
これはただのC−130輸送機じゃない。普通は垂直尾翼に所属基地を表すテイルコードってのが大きく書かれてるもんだけど、それもない。国籍やUSAFのマークすら、敢て小さく、薄く、分かりにくく描いてる。
翼の空中給油用タンク、機首のセンサー、突き出たアンテナ。これは…MC−130P「コンバットシャドウ」じゃないか!!現物は初めて見たぜ!!
「コンバットシャドウ」は、ちょっとカワイイ外見とは裏腹に、アメリカ空軍の空の特殊部隊「空軍特殊作戦飛行隊」に所属する機体で、敵地で撃墜されたパイロットを救出したり、特殊部隊を潜入させたり、ヘリコプター部隊を支援したり、そして、瓦礫の山と化した空港にさえ涼しい顔で着陸し、一日で復旧させて支援物資を輸送するような、凄まじい任務を遂行するために作られた特別な飛行機。
アメリカは本気なんだと実感。そんじょそこらの輸送機とはわけが違う、機体も中の人もスペシャルな特殊作戦機を堂々と投入してるんだもの…。

そのままさらに歩いて仙台空港ターミナルへ。
ようやく到着した空港前の駐車場に広がっていたのは…。

あ…ありのまま今起こったことを話すぜ!
『瓦礫の山だった空港が、米軍基地になっていた』
な…何を言ってるかわからねーと思うが、
俺も何が起きたのかわからねえ…
頭がどうにかなりそうだった…
緊急展開とか支援だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を見たぜ…

とはいえ、フェンスも仕切りもなく外から丸見えだったので、中の様子をうかがってみた。うろついてる兵隊は空軍のタイガー迷彩や陸軍のACU迷彩も混じってたけど、圧倒的に多いのはマーパット迷彩。
つまり「黙らん泣く子はぶち殺す」合衆国海兵隊の皆さんじゃないですか…。
あまり知られていませんが、アメリカ軍は全部で5軍に分かれています。
陸軍と海軍と空軍、そして海兵隊と沿岸警備隊です。
海兵隊は独自の艦船と航空兵力、強力な歩兵を保有し、どこかで何かがあった時真っ先に乗り込んで橋頭保を確保する、上陸作戦や強襲作戦を専門とする部隊で、陸海空全ての面での作戦能力を単独で持ってるわけです。
また、海兵隊は他の軍隊と違って「アメリカ本土の防衛」は任務のうちに入っていません。外征専門の殴りこみ軍隊なわけです。従ってそらもう鬼のように強いわけです、ええ。
ちなみに沿岸警備隊は任務の内容や法執行権を持つ関係上、日本の海上保安庁と混同されがちですが、海上保安庁があくまで海の上の警察組織であるのに対して、沿岸警備隊は軍隊として認識されていますし、有事の際には海軍の指揮下で戦うことが明確に規定されています。余談の余談でした。



6: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 04:17
上記つづき

さてさて、そんな海兵隊ですから、オイラの中ではなまはげ以上、彼女さんの次に怖い存在なのです。とは言え、「ハロー」と呼びかけてみても車両のエンジン音やらなにやらのせいで誰も反応してくれず…仕方ないので恐る恐る中に入る。
でもって、どういうわけかやたらと強そうに見えるブルドーザーの周りにいた海兵さんたちに、ビビりながら声をかけてみた。「え、えくすきゅーずみー…」

(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・)(´・ω・)ナンジャイ?

と全員の視線が突き刺さる。う…こえぇぇ。なんかみんなガムくちゃくちゃしてるし。そして素晴らしいガタイだし。
なんかね、身体の作りが根本から違う。日本人がいくら鍛えても絶対ああはなれない、そんな感じ。K-1に出てても全然違和感ない。むしろこいつら、本当はサイバーダイン社製のターミネーターなんじゃないかと。実は目が赤く光るんじゃないかと。うう…ちびりそうだ。
けど「マジギレした彼女さんの方がもっと恐ろしいじゃないか」と自分に言い聞かせ、頑張って手紙とフォトブックを渡し、とにかく読んでくれとたどたどしい英語とボディランゲージで伝える。早速読み始める海兵さんたち。

( ´・ω)(´・ω・)(・ω・`)(ω・` )ワオ…ビューティフォー…ナイス…ダテマサムネ…ダースベイダー?…リアリィ?…ダテオトコ…なんて言葉が辛うじて聞きとれる。

「どうもありがとうございます」

手紙を読み終わった、大尉の階級章をつけた海兵さんから、スーパー流暢な日本語と丁寧なお辞儀が返ってきました。「アリガトゴザイマース」とか「サンキューデース」とかそんなんじゃない。
もう普通に日本語。会話の端々に嫌でも方言が混じるオイラより遥かに美しい日本語。
ビンゴ!!日本語でコミュニケーションの取れる相手にいきなりぶちあたった!!
改めてオイラの想いや写真を撮った場所、そして手紙は心優しい方が協力して書いてくれたんだといったことを説明。
それを大尉さんがささっと英語でみんなに説明してくれました。ちょっとでも意思疎通が出来ると、さっきまでのコワさはどこへやら。俄然人懐っこく感じるから不自然です(笑)
事情を理解した他の海兵たちが次々と手を差し出してくる。

7: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 04:18
上記つづき

「サンキュー!!アリガトウ!!」
「サンキュー!!」
「アイム、ダテオトコ??」
「ユーダテオトコ!!」
「サンキュー、トモダチ!!」

いぇぇええええええええええええい!!

ってな感じで全員と固い握手。すっかりフレンドリーに♪
「…ところで」と大尉さん。「私達の司令官には会いましたか?」
「いえ…皆さんが最初にお話した相手です」
「私達の司令官はコゼニスキー大佐です。あちらにいるのでご案内します」
いやいやいやいや!!!!
平民ごときのそれがしが他国の将にお目通りなど滅相もございませぬ!!!!
うろたえまくるオイラの気持ちなんぞこれっぽっちも察することなく、「こちらです」とにこやかに案内してくれる大尉さん。仕方ないのでそのまま、見ただけで指揮所用だとわかる天幕の前に案内される。
「ちょっとお待ち下さい」と入り口のとこで待たされる。中で「ブラックホークダウン」のサム・シェパードみたいな、やっぱりガム噛んでるいかつい紳士となにやら話してる大尉さん。どうやら彼が大佐らしい。フォトブックと手紙にも目を通している。

(´・ω・)(・ω・`)ゴニョゴニョ…。

(`・ω・´)カモン!!

「どうぞ」と、大尉さんにも促され中へ。思わず自衛隊時代のノリで「入ります!!」っと大声で言ってました(笑)
「こちらが私達の司令官、コゼニスキー大佐です」

(`・ω・´)「コゼニスキー大佐デス。コノ度ハ、アリガトウゴザイマス」

8: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 04:22
上記つづき

大尉さんほど流暢ではないものの、それでも日本語で言い、丁寧に頭を下げてくれました。よく「アメリカにはお辞儀の文化がないから、彼らのお辞儀はとてもぎこちない」なんていいますが、大佐は日本の文化をちゃんと理解しているらしく、とても自然な所作でした。書き忘れていましたが、大尉さんもそうです。
改めて事情をお話し、大佐の「あなたが撮ったの?」「ここはどこの写真?」「ご家族や家は大丈夫だったかい?」といった質問を、大尉さんに通訳してもらいながらお話ししました。
「海兵隊にいて長いが、こんなに嬉しいことはなかったよ」と言われた時は思わず(´;ω;`)ブワってなった(笑)
大佐は最後に「ツマラナイモノデスガ…」っと、所属部隊のロゴが入った記念コインをオイラにくれました。
すげえ…一生の宝物が出来ちまった!!
バッグの中にカメラがあったので、本当は「記念写真をお願いします」と言おうかとも思ったけど、やっぱりやめた。支援とはいえ、彼らはいま作戦行動中なんだ。写真を撮られていい気分なはずがないし、元自衛官だからこそ「兵隊は自分たちの宿営地にいるところを撮られるのは嫌」って習性もわかってたので、敢て言いませんでした。
一部隊の指揮官が、お忙しい中オイラなんかの相手をしてくれただけでもありがたいし、それに、おじいちゃんになってからも孫に繰り返し語るであろうほど、バッチリ記憶に残ったからなんの問題もない。

もう一度皆さんと堅く握手をして、その場をおいとましました。

そしたら、帰り道を歩くオイラを、大尉さんが追いかけてきたのです。
「これ、私のメールアドレスです。もしよかったら連絡下さい」と、お名前とアドレスの書いたメモを渡してくれました。「写真とあなたの優しさに感激しました。ありがとうございます。頑張ってください♪」

なんてこった!!
オイラに合衆国海兵隊大尉のお友達が出来たぜ!!

じゃあ、っと大尉さんは忙しく任務に戻って行きました。
ホントはそのまま帰るつもりだったけど、ふと思いついたので、コインと大尉さんのメモを握りしめて、砂浜に向かいました。震災前からお気に入りだった、仙台空港へアプローチする飛行機が目の前で見えるポイントへ移動する。
しばらく待ってると、水平線の向こうからまたしても「コンバットシャドウ」2機がやってきて、手の届きそうなところを飛んで行って着陸したので間違いないと確信。

9: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 04:24
上記つづき

「よっしゃ!!ここだな!!」っとわかったので、そこらじゅうに落ちてる木片を使って、空から見えるようにでっかく「ARIGATO」と書いときました(笑)
いびつだし、下手くそだからわかってくれるかはわからないけど、まあ、いい自己満足にはなったよ(笑)

いまは大尉さんへのメールを、辞書とテキスト片手に頑張って書いています。あんだけ流暢だったんで、日本語で書いても余裕でわかると思うけど、ここはちゃんと英語で伝えるのがマナーってもんだ。友達だしな!!
大変だけど頑張る(笑)

追記。
これがもらったメダル。描かれているのは海兵隊のシンボルマークとSemper fidelis(ラテン語で「常に忠義・忠誠・忠実であれ」的意味)のモットー。

ちなみに裏には部隊マークが描かれています。
ぶっちゃけ、とても高価とはいえないちゃちなメダルだけど、それでもこれはチコ家の家宝にするし、「Semper fidelis」を家訓にすると決めた!!!!(笑)

更に追記
最近「この日記を転載したい」「リンクしたい」とおっしゃって下さる方から、コメントやメッセージを多数いただき、大変光栄に思っております。
この日記はウエシマ作戦中であります。つまり、どうぞどうぞ!!
特にお断りいただかなくても、転載、リンクしていただいて結構です。

さらにコミュも作りました(笑)
「ありがとう作戦」
/communities/5567438

10: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 04:27
上記つづき

※4月11日またまた追記
(o・ω・o) ツルポ38さんに教えていただいたのですが、自己満足どころか、彼らはちゃんと気づいてくれました!!!!
しかもこんな温かいコメントまで…。
なんてこった!!!!涙でモニターが見えないじゃないか…。

http://www.yokota.af.mil/library/factsheets/factsheet.asp?id=18142

上 米軍が空から撮影したもの。
下 完成直後にオイラが地上で撮影したもの。

わかりづらいし、気づいてもらえるかも怪しかったんで、あえてUPはしなかったんですが、まさか気づいていただけるなんて…。
ちなみに船なんかに使うデカいロープで一筆書きしたため、Gだけやけにちっちゃいのであります(笑)


11: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 04:31
上記詳細

http://www.yokota.af.mil/library/factsheets/factsheet.asp?id=18142

COMMENTARY - "Thank You" is not necessary; U.S. forces honored to help reopen Sendai

Posted 4/8/2011 Printable Fact Sheet

4月3日、仙台空港の27番滑走路から800メートルほど離れた砂浜で、松の大木を並べて描かれたARIGATO(ありがとう)のメッセージが見られた。同空港は3月11日の地震と津波により壊滅的被害を受けたが、嘉手納基地から派遣された第353特殊作戦群の支援を受け、3月16日に運用が再開され、人道支援活動の拠点となった。(写真 ロバート・トス米空軍大佐)

"ありがとう"などもったいない。米軍にとって仙台空港の運用再開を支援出来たことは光栄です。

統合支援部隊 統合特殊作戦隊司令官 ロバート P. トス 米空軍大佐

2011年4月6日 − 横田基地

2011年3月11日のマグニチュード9.0の地震とそれに続く33フィート(約10m)の津波によって残された惨状は言葉では言い表せない。日本の本州東沿岸300マイル(約480km)以上が破壊された。震災当初目にした中で最も悲惨な状況だったのは、仙台空港そして隣接する名取市と仙台市だった。津波が押し寄せた仙台空港と近隣の町のビデオは衝撃的だったが、3月16日に初めて仙台空港に到着してこれらの地域を目の当たりにした衝撃は、映像をはるかに超えていた。

何千もの潰れた車両、折れ曲がった飛行機、根こそぎにされた木々、崩壊した家々、水、砂、魚貝などが散乱し、機能が停止した空港のイメージは、フィルムに、そして我々の記憶にも記録された。しかしそれと対象的なのが今日の仙台空港の映像であり、それは希望と復興のそれである。

当初から私達の展望は、日本側と調整しながら人道支援物資を災害地域の中心まで直接配送可能にする為に、仙台空港再開を促進することであった。3月16日、最初の固定翼機が仙台空港の主滑走路に着陸したことによりその展望を達成した。

その4日後MC-130第一便が着陸し、日本人とアメリカ人で編成されるチームは全滑走路を整備してC-17の着陸を可能にした。我々は共同して拠点を築き、災害の中心地にむけての支援が流れ始めた。後に仙台空港の再開が希望の象徴として宮城県の人々に勇気を与えることになろうとは、当初は予想だにしなかった。我々の到着前、日本国土交通省航空局と仙台空港機関は仙台空港再開は不可能だろうと考えていた。

12: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 04:40
上記つづき

仙台空港を津波以前の状態に復興するには、日本政府、自衛隊、合衆国空軍、海兵隊、陸軍、海軍および政府機関どうしの全面的な協力が必要であった。二国間協議が設立された。委員会が当初練った計画では、当面は日本人従業員が復旧作業を行っている間、特殊部隊の兵士が支援物資の配送を可能にするべく、全ての飛行場運用に対処するというものであった。陸軍と海兵隊の部隊が3月20日に到着した際、直ちにこの流れに加わった。更なる支援を得て、両国間の調整委員会は計画に沿って、全ての空港運営を日本側の管理に戻す計画を、練り上げた。
 
4月1日に米国空軍戦闘部隊が行なっていた管制塔業務を仙台空港の管制官達に受け渡したのが、大きな節目だった。その日私が仙台空港に着陸する際、管制塔から日本人管制官の堂々とした声で着陸許可がおりるのを、胸が高鳴る思いで聞いた。

この日まで21日間という短い期間、米国空軍戦闘部隊の管制官は、オペレーション・トモダチに参加する米国空軍、海兵隊、海軍およびオーストラリア空軍等の250機以上の軍用機に着陸許可を与えた。これらの航空機は、これまでに231万ポンドの支援物資および現地で使用する重機・車両用の軽油およびガソリンを1万5000ガロン輸送した。

米軍が24時間態勢で空港運用を行ないながら物資を配送している間、空港の日本人は重機等を駆使して懸命に空港の整備と修理を行なった。

4月3日に最後の着陸を行なった時、これがほんの19日前には壊滅的な状態だった空港かと、我が目を疑った。

それよりもさらに驚いたのは、滑走路に向かって最終アプローチをかけた時だった。滑走路27番に向けて800メートルほど離れた砂浜の上空を飛行していた時、ふと下を見るとそこに日本語の"ARIGATO"の文字があるのに気がついた。津波でなぎ倒された松の木を20〜30本使ってかたどったらしい。

我々の支援など日本の人々の労力に比べたら、何でもない。それどころか、我々が去った後も彼らの戦いは続くのだ。これまでも彼らは、自らが生き残るための戦いと行方不明者の捜索を行なう中、復興作業に懸命に取り組んできた。

陸上自衛隊東北方面隊を指揮する君塚栄治陸将は、4月5日に仙台空港を訪れて米軍から空港責任者に管制業務が引き継がれる場に立ち会った。仙台空港が再開した翌4月6日、空港は3月11日の朝当時、すなわち日本人により運営される元の姿に戻ったのである。

仙台空港においてオペレーション・トモダチに携わった米軍は、すべて本州と沖縄の駐留部隊である。支援活動に派遣された全米軍人に代わって言いたい事は、我々を迎え入れてくれた友人であり隣人の日本の人々を支援できたのは我々にとって名誉だということだ。

第353特殊作戦群、米国海兵隊富士機動隊、海兵隊第35兵站連隊および陸軍第35兵站連隊の全隊員、君たちの仙台空港復興に向けた懸命の作業に、また日本の人々に復興への勇気を与えてくれたことに感謝する。

聖アウグスティヌス曰く、「我々は賞賛には値しません。我々は我々の義務をなすのです」

日本の皆さん、ARIGATOにはおよびません。


◎仙台の海岸にARIGATO、読んだ米軍感激
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&id=1572499


13: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 05:26
大切なマイミクさんの日記よりまた発見、転載

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1704462733&owner_id=29157455
上記
Operation Arigato!!外伝

マイミクさんから教えていただいたのですが、なんと空軍のパイロットさんが仙台空港前の砂浜にオイラが書いた「ARIGATO」に気づき、それを空軍公式発表のニュースにまでしてくれていました!!!!


4月3日、仙台空港の27番滑走路から800メートルほど離れた砂浜で、松の大木を並べて描かれたARIGATO(ありがとう)のメッセージが見られた。同空港は3月11日の地震と津波により壊滅的被害を受けたが、嘉手納基地から派遣された第353特殊作戦群の支援を受け、3月16日に運用が再開され、人道支援活動の拠点となった。(写真 ロバート・トス米空軍大佐)

"ありがとう"などもったいない。米軍にとって仙台空港の運用再開を支援出来たことは光栄です。

これを知った時は、もう本当に涙ボロボロ、鼻水ダラダラ状態(笑)
「Operation Arigato!!」本文では「そこらじゅうに落ちてる木片を使って、空から見えるようにでっかく「ARIGATO」と書いときました(笑)」とさらりと書きましたが、実はこの「ARIGATO」を書くまで4〜5時間くらいかかっているのです。
この時の想いや苦労は、自分の胸だけにしまっておくつもりでした。本当に、詳しく書くつもりはまったくなかったのです。
ですが、その時のことをちゃんと記さなければ、このニュースがオイラにとってどれだけ嬉しいものであるか、ちゃんとわかってもらえないだろうな〜と考え直し、発表することにした次第です。よろしければ読んでみてください。

記事では松の木と書いてますが、違うんです。



14: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 05:29
上記つづき

確かに松の木も一部に使いはしたけど、ほとんどが柱や梁など、家の資材だったものなんです。あと、船の部品とかですね。
まず最初に、2メートルぐらいの手頃な大きさの角材を見つけて、ナスカの地上絵よろしく、線で「ARIGATO」と書きました。幅も深さも10センチくらいです。ここまでかかった時間は1時間くらい。
最初はそれだけでもいいかなと思ったんだけど、周りにべたべた付けた自分の足跡のせいでイマイチ目立ってないし、最初に書いた「A」は早くも風で消え始めてて「これじゃあすぐに消えてしまうじゃないか…」と思い、そこら辺に散らばっている木片を使って、少しでも目立たせることにしたのでした。
空から撮影した写真の下の方に見えている、打ち上げられたものがたくさん溜まっている場所から、使えそうな資材を見つけて、一つづつ運びました。
水を含んだ角材や板切れって想像以上に重かったので、ぶっちゃけた話、結構辛かったです(笑)
おまけに手袋を持ってなくて、素手で持ち続けたもんだから、いつの間にかささくれや釘が刺さって、手が血まみれになってました。
血がボタボタ音を立てて落ちてくし、傷口に砂が入りこんでジョリジョリするし、けど水道なんてどこにもないから流せないし、おまけに嫌でも砂が靴の中に入って、足の裏が文字通りサンドペーパーをかけられたみたいになるし…。
痛くて痛くてたまらなかった。「G」まで書いたあたりで、もうやめようと何度も思いました。
単純に資材がクソ重いからでも、切れた手が痛いからでも、死ぬほど喉が渇いてたからでもなく…。
手にしたカケラの一個一個が、誰かの家で、誰かの幸せで、誰かの思い出がいっぱい詰まっているものだったから。オイラのよく知っている、あの美しい景色を形づくっていたものだったから。
そりゃあ、震災前にもこの砂浜には流木やゴミは打ち上げられていました。
だけど、家の資材や、車の部品や、船の残骸、ましてや非常持ち出し袋やハンドバックや、家族の写真や、何かのトロフィーがそこら中に散らばってるなんてありえなかった。
正直言って、体力的にもきつかったけど、それ以上に気持ちが折れそうでした。
けど、ここで辞めてたまるかと思った。元自衛官舐めんなよ!!なにより、これでも美大生だったんだ!! この手のでっかい「ものづくり」はお手のもんじゃないか!!って、頑張って気持ちを奮い立たせた。最後の方は、


うわああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!
ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!
負けてたまるかあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!


って、ひたすら絶叫しながら、溜まり場から使えそうなものを選んで、下書きした場所に運んで並べて…って作業を続けてました。
誰もいないから叫び放題だったし、誰も見てないから泣き放題だったしね(笑)
すんごくクサい書き方なのはわかってるんだけど、オイラにとってこれは、津波との戦いだったんです。
確かに今回の震災で、幸いにもオイラの家族も家も無事でした。だけどこの津波は、オイラにとって故郷と呼べる場所を何もかもぶち壊してくれたんだ。

15: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-18 05:32
上記つづき

その津波との一対一の戦い。
誰もいない。誰も見ていない。
称賛も声援もない。
途中で辞めて非難されることもない。

絶叫しながら一人作業を続けてて、ふとオイラは気がついたのです。

「これは男にとってはこれ以上にない、最高の戦いじゃねえか」って。

古くて熱血漢で単細胞なオイラは、そう気づいた途端に痛みもどっかにすっ飛ぶくらい、心から幸せな気分になっていました(笑)
いまは普通の一市民でしかないオイラには、自分の生活を立て直すのだけで精いっぱい。「るろうに剣心」じゃないけど、せいぜい目の前で困っている人のために、自分が出来ることをやることしか出来ない。みんなのために出来ることなんて何もない。
だけどせめて、復興の手助けをしてくれる人たちに感謝の気持ちを届けるくらいのことは、やり遂げてみせる!!!!
いまのオイラは助けてもらうばっかりで、何にも出来なくたって「ありがとう」と言うことは出来る!!!!
映画でいえばオイラはただのエキストラ。ヒーローでも何でもない。
だけど、ヒーローなんかになれなくたって、ヒーローの力になることは出来る!!!!
例え誰にも気づかれず、オイラ一人の自己満足で終ろうとも…この海に、この砂浜に、この惨劇の跡地に、堂々とオイラの「ありがとう」を刻んでやる!!!!無残な資材たちだって、きっとそれを望んでるはずだ!!!!


よっしゃああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!
やるぞおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!


お昼前ぐらいからはじめて、終わったのは3〜4時くらい、夕方だったと思います。とにかく、太陽の光がオレンジがかっていたのは覚えてるので。
とりあえず、完成した時は疲れたのと腹が減ってヘトヘトだったんで、その場に大の字になってぶっ倒れてました(笑)
「燃え尽きたジョー」の気持ちってこんなだろうな〜って思うくらい、ここ最近で一番の充実感でいっぱいでした(笑)

クサくて暑苦しいことを散々書きましたが、これが、この「ARIGATO」と書いた時の正直な想いです。だからこそ…このニュースを知った時は涙が止まりませんでした。
オイラが1日に書いた「ARIGATO」はばっちり3日まで残り、パイロットさんに気づいてもらえたんだ!!!!

「ありがとう」とは国や言葉の壁を越えるだけじゃなく、空の上にだって届く!!!!

こんなに嬉しいことはありません!!!!
本当、あの日以来、毎日感動しっぱなしです♪
「ありがとう」と伝えに行った筈なのに、オイラが一番感謝の気持ちでいっぱいになってますよ、まったくもう(笑)
「ありがとうには及びません」ってカッコよ過ぎだこんにゃろう!!!!



※トピ違いの書き込みかもしれません。
ですが、どうかあたたかいお心でお許しくださいませ。

16: たち01 : 2011-04-18 05:34
最近皆さん震災前の生活に少しづつ戻ってきていますか?被災者の方を除いての話になりますが、復興に向けてまず自分に出来ることを考えて見ました。時間がとれればもちろん現実復興に向けて、被災地にボランティアに行く事は考えてはいますが、すぐ現実的にと考えた時に、まずは震災前の生活に戻る事が自分がいち早く出来る復興への第一歩と考えました。震災後は買い控え、節約、ひきこもりと言った行動をしていた自分にとっては2次災害を起こす原因を作っていたかも知れません。今少しづつではありますが東京は元気が戻ってきていますよ。被災地の周りが元気が無いのに被災地が元気になると思いますか?自分は被災地の周りから暖めてあげれば、復興への近道になると思います。小さい事かも知れませんが、まずは自分が元の生活に戻す事にしました。自分が元気がないのに、被災地の皆を復興への道のりには導いてあげることは出来ませんよね!
皆さん元気になりましょうね。
17: たち01 : 2011-04-18 05:58
長渕剛、散文詩「復興」全文

強い思いを感じられた詩でしたので、貼り付けて見ました。


 復興

憎い
憎い
私は 自然が憎い
憎い 憎い 私は 海が憎い
たわむれ 優しく 大きく 父のような海だったのに
恐くて憎くて たまらない 許せない 絶対に許さない
こんなに あなたを 愛して 生きてきたのに
なぜ 海よ あなたは 私たちを壊す?
なぜ 何もかも奪い去る?
なぜ こんなにひどい事をする?
私たちが 何をした?
私たちの営みは
先人たちの教えを守り
繁栄に あぐらなど かかず
せっせせっせと汗水唾らし
大地と海に敬礼し漁に出た 畑も耕した
陽が沈む水平線に しあわせの涙を少しだけ流し
ささやかな営みに 家族と笑い
白き鳥のさえずりを追いかけ
嘘をつかずに懸命に生きてきた
なのに海よ なぜにあなたは私から全てを奪った?
私たちが狂ったのか 全て悪いのは私たちなのか
いいや! ちがう! 決してちがう! 私は言おう
地球よ 貴様が狂っている あなたが 狂っている
あなたに わかるか?
あなたに私の想いがわかるか?
小高い丘の上から
ただそれを見つめることしかできなかった無力な私の想いを
私たちの親が… 友人が… そして
愛する我が子が…
犬の太郎も家も机も写真も何もかも
貴様が犯した濁流に飲み込まれた
私は… 私には…
そんな私の想いに海よ あなたは何と答えてくれるのですか
海よ 貴様は どう答えてくれる?
どう答えるかと聞いているんだ!
そうやって ただ黙り
何もなかったように今日もおだやかをよそおっている
はっきり言おう
いいか 海よ
私たちは貴様から決して逃げはしない
私たちは連帯という武器を今 首にかけ
静まりかえった貴様のふところへ
壊れた船であろうとも さらに両の手で漕いで生く

私たち人間の力をみくびると
ただではおかない
そして さらに
私たちは強固な絆を結び
まもなく立ち上がる
そして叫ぶ
家族を返せ!
友を返せ!
家を返せ!
ふるさとを返せ!
犠牲になった命の破片を
高らかな怒りの帆に吹き付け
今 狩りに出かける
自然よ 海よ 大地よ 空よ
覚えておくがいい
俺たち漁師は 貴様が思っているほど弱くはない
私たち農夫は 貴様が思っているほど軟ではない
屈強な精神と肉体に
まもなく「覚悟」を宿らせる
そして怒る わめく 叫びちらすのだ
『生きる覚悟があるのだ!』と
一国心中などなるものか!
今こそ このむごたらしい現実を直視したからには 瞳をそらさず
ゆっくり立ちのぼってくる生き物の息吹に手を打ちならそう
どんなにささやかでもいい
勇気ある小さな者たちを どんどんグングンたたえるのだ
共に拳が上がったら 一目散に駆け上がれ
生存せよ!の方向へ駆け上がり
立ち向かうのだ
たとえ それが自然という憎き相手でも
私たちは決してひるまない
憎くても
怖くても
許せなくても
それでも
私たちは あの場所を
この国を
愛してやまないのだから
音楽家 長渕 剛 

18: たち01 : 2011-04-20 18:40
仮設住宅 三重苦 

今、復興に向けて被災者の仮設住宅作りが着工されている中、宮城県では用地不足、資材不足、余震があるという三重苦におかれる中、作業を行なっている状況です。

県が必要と見込む約三万戸うち着工が決まったのは約3割をかける数字になっているのが現状です。避難所にいけば100人中100人が仮設住宅を何とかしてくれと言う声ばかりです。

後、被災者は住み慣れた町から離れたくないという心理があり、近所での仮設住宅住まいをを望んでるため、建設用地が限られてるとも言ってます。被災者は避難所生活がもう時期一ヶ月半を向かえ、一人一畳のスペース、風呂は1週間に1度、間仕切りのなくプライベートもない生活に我慢の限界がきてると言ってます。
今の所、建設を加速するための方法がまだ無い状況です。国、政府にはいち早い対応を宜しくお願い致します。
19: たち01 : 2011-04-22 00:30
仮設住宅、原発区域は除外=各県に前倒し発注も要請―政府

東日本大震災の被災者向け仮設住宅に関する政府の検討会議は20日、第3回会合を開いた。会合では、東京電力福島第1原発事故で住民の安全を確保するために設定した「計画的避難区域」と「緊急時避難準備区域」を、建設場所の対象外にすることを決めた。
 また、住宅生産団体連合会の生産能力に比べ、各県の発注戸数が少ないため、各県にさらに発注を前倒しするよう要請する方針も確認した。大畠章宏国土交通相は、各県が4月末までに建設用地を確保すれば、5月末までに3万戸を完成させて自治体に引き渡すと明言している。 

20: たち01 : 2011-04-22 00:31
住宅資材、関西から消えた 残る分も仮設建設に

東日本大震災の被災地で仮設住宅の建設が急ピッチで進むなか、関西の住宅業界に異変が生じている。東日本の資材メーカーの工場が被災し、ただでさえ不足している資材が仮設住宅の建設に優先的に配分され、価格も高騰。工期の遅れも出始めている。(宇野貴文)

 ■新築1割強の近畿、マンションも遅れ

 「注文を受けた物件の引き渡しは終わったが、新しい顧客にはいつ完成できるか説明できない」。大阪府豊中市の住宅リフォーム業者は頭を抱える。悩みの原因は深刻な資材不足だ。

 国産合板で約3割のシェアを持つ建築資材メーカーのセイホクグループ(本社・東京都文京区)は宮城、岩手の6工場が被災し、生産再開のめどが立たない。

 断熱材などに使われるグラスウールは、住宅エコポイント制度による需要増でもともと不足感があった上、工場被災と仮設住宅向けの引き合い増で需給が一段と逼迫(ひっぱく)している。

 国土交通省は住宅業界に6万戸の仮設住宅の供給を要請。「5月中に3万戸を完成させることが可能になった」とするが、一方で被災地以外のエリアで資材不足が懸念され始めた。近畿圏は新規住宅着工戸数全体の1割強を占めるだけに影響は大きい。

 資材不足は価格高騰につながる。前出の業者は「合板や電線は価格が震災前の2倍になった」と語る。工事が中断となりやすい梅雨の時期を見据え、「納期を延ばせるか、顧客と話し合わなければ」と苦しい胸の内を明かす。

 ほかにも業界では「工期に遅れが出ている」「仮設住宅も大事だが、このままでは、こちらがつぶれる」(京都市の内装業者、奈良市の工務店)といった悲鳴の声が絶えない。

 大手住宅メーカーは仮設住宅建設を急ぐ一方で、一般住宅にも取り組まねばならない。大和ハウス工業は「契約工期に間に合うよう努めているが、キッチンの納期が遅れるといったケースも一部に出てきている」(広報担当者)という。

 戸建て住宅だけでなく、近畿2府4県のマンション工事にも遅れは出始めており、不動産経済研究所大阪事務所は「ユニットバスが足りない」と指摘する。ここからも、メーカーの被災に加え、仮設住宅優先で商品がますます不足する苦しい状況が垣間見える。

 資材の価格高騰を見込んだ買い占めの動きも大きな懸念材料だ。一部の中小建設業者の間では「ゼネコンが資材を買い占めている」とのうわさも流れているが、大阪建設業協会は「誤った情報だ」と否定する。

 工期が遅れれば、違約金が発生するケースも。死活問題につながるだけに、業者は悲鳴を上げている。

21: たち01 : 2011-04-22 01:05
これからの余震について

東日本大震災に伴う最大震度5強以上の余震が3日以内に発生する確率について、これまで通り10%と発表した。

 先月11日から18日午後3時までに東日本大震災の余震で最大震度4以上のものは、119回起きている。余震は多い時期と少ない時期を繰り返しながら全体的に少なくなってきているが、福島・浜通りなどでは活発な状態が続いている。

 このため気象庁は、18日から3日以内に震度5強以上の強い余震が発生する確率を、これまで通り10%とした。この確率は、通常よりかなり高いという。

 気象庁は、余震が起きている地域以外でも地震活動が高まっている地域があることから、日頃から地震への備えをしてほしいと呼びかけている。

22: たち01 : 2011-04-22 01:21
上の記事ですが、仮設住宅作り 三重苦
   
23: たち01 : 2011-04-22 01:28
東日本大震災・被災者のための求人情報特集

未曽有の被害をもたらした東日本大震災。今回の震災により転職を余儀なくされている方に向けて、リクナビNEXTでは「被災者のための採用枠がある求人情報」を特集します。
※この求人情報の掲載期間は、2011年4月13日(水)〜2011年7月5日(火)の予定です。

24: たち01 : 2011-04-22 01:29

●求人情報について
今回の企画に掲載されている求人情報は、すべて「被災者のための求人」です。被災者の方に、1日も早く仕事に就いてもらうべく積極的に採用活動を行っている企業の情報が集まっています。また、どの求人情報にも、「被災者のための採用枠(人数)」が明記されています。
なかには社員寮を完備している、住宅手当を全額支給しているなど、住居の心配をしなくていい会社もあります。また、当座の生活資金を融資する企業、引っ越し費用を負担してくれる企業などもあります。主に各求人情報の「待遇・福利厚生」欄で紹介されていますので、ご自身の状況に合った求人を探してみましょう。

●求人情報の掲載期間について
この「被災者のための求人情報」の掲載期間は、2011年7月5日(火)までの予定。求人情報は毎週水曜日には更新されます。ご自身の条件に合った求人が後日新たに出てくる可能性もありますので、ぜひ継続してご覧ください。

●求人情報の閲覧環境について
求人情報は、パソコンのほか、携帯電話、スマートフォンで閲覧することが可能です。携帯電話、スマートフォンのアクセス方法は以下をご覧ください。

携帯電話の場合
「リクナビNEXT携帯版サービス」(http://rikunabi-next.mobile.yahoo.co.jp
(ドコモ)
「iメニュー」→「メニューリスト」→「3【生活情報】働く」→「3就職/転職」→「リクナビNEXT」
(au)
「メニューリスト」→「生活情報/仕事・学習」→「仕事」→「リクナビNEXT」
(Yahoo!ケータイ)
「メニューリスト」→「働く・住む・学ぶ」→「就職・転職・バイト」→「リクナビNEXT」

スマートフォンアプリの場合
(iPhoneアプリ)
「App Store」→「リクナビNEXT」で検索し、ダウンロード(無料)
(Androidアプリ)
「Android Market」→「リクナビNEXT」で検索し、ダウンロード(無料)

なお、携帯電話、スマートフォンアプリいずれも、「被災者」でキーワード検索をすれば該当する求人情報がヒットするようになっています。パソコンが見られる環境にない被災者の方がお近くにいれば、ぜひご案内をお願いします。

【職種・勤務地の絞り込み検索を行いたい場合】

携帯電話の場合
(1)リクナビNEXT携帯版TOP画面の「職種から求人を探す」「勤務地から求人を探す」のいずれかから、求人情報を絞り込む

(2)画面上部の「条件を変更する」ボタンを押す

(3)条件を追加したうえで、キーワード欄に「被災者」を追加して検索

スマートフォンの場合
リクナビNEXTのPC版にアクセスをし、サイトTOPの「【緊急企画】東日本大震災・被災者のための求人情報特集」のリンクより、求人情報をご覧ください。(スマートフォンアプリでの絞り込み検索はできません)


25: たち01 : 2011-04-22 01:30
上の記事リクナビ

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/01/closeup_1118/index.html
26: たち01 : 2011-04-22 01:37
東日本大震災 被災者受入 求人情報

http://www.nc-net.or.jp/quake/?type=job

一部記載


復興支援プロジェクト
日本製造業復興支援金
被災者 求人情報
被災工場 設備支援
助成金・融資制度の紹介
工場被災・復興情報
協力工場の募集
材料調達先の募集
物資支援掲示板(終了)
東日本大震災 被災者受入 求人情報
現在受け入れいただける会員様の求人掲載を募集しております

※求人情報の掲載は 製造業関係業種に限らせて頂いております

1.会社名 プラスエンジニアリング 株式会社
2.仕事内容 NC工作機械などを使用した精密金属加工です。御自分で図面を見て加工できることが前提条件です。
3.応募資格 同様職種で加工経験のある方マシニングまたはNCフライスでマクロ使える方 NC型彫放電加工経験のあるかたなどを歓迎します。
4.給与 面談で決定
5.勤務地 宮城県 : 柴田郡村田町の工業団地内
27: たち01 : 2011-04-22 20:11
復興財源 「なし崩し的」財政再建の重し

東日本大震災の復興財源をめぐり、政府・民主党内で増税論が高まってきた。戦後最悪の自然災害に直面し、巨額の財政出動が避けられないためだ。ただ、「非常事態」を理由に拙速に財源を税に頼るやり方に加え、政府・民主党の一部は増税分を社会保障財源に充てることを視野に入れており、国民の反発は避けられない。なし崩し的な増税は逆に、財政再建を難しくさせる可能性もある。

 ■やりくり 20兆円不足

 「復興再生債を発行する。(償還財源は)基本は税だ」(民主党の岡田克也幹事長)

 「被災地への配慮は(消費税増税でも)技術的には可能だ」(玄葉光一郎国家戦略担当相)

 政府・与党内では、歳出見直しや政府保有株の売却、民間資金で社会資本を整備するPFIの活用を十分に検討することなく、増税論議が先行している。

 政府・民主党は震災対策を盛り込んだ平成23年度第1次補正予算で、基礎年金の国庫負担割合(2分の1)を維持するための2兆5千億円の流用などで、4兆円規模の財源を確保する方針。だが、必要な復興予算の規模が30兆円と仮定すれば、さらに26兆円程度を捻出する必要がある。

 自民・公明両党が真っ先に切り込むべきだと強く主張するのが、民主党のマニフェスト(政権公約)で掲げる「バラマキ4K」だ。1次補正でも23年度から予定していた子ども手当の3歳未満に対する上積み廃止や、高速道路無料化の凍結で計3千億円の財源を捻出する考えだが、抜本見直しには至っていない。

 現行の子ども手当を廃止し、自公政権下の児童手当に戻すと、年間約1兆7千億円の財源が浮く。高校無償化、農家の戸別所得補償もやめれば、年間3兆円程度を復興に回せる計算だ。

 阪神・淡路大震災の際には、インフラの直接被害額10兆円を上回る投資を実現するのに3年かかった。

 今回の震災でも30兆円の財政出動を3年間に分けて実施するとして、23年度1次補正の4兆円を差し引き、バラマキ4Kの3年分(9兆円程度)を充てても、20兆円前後の財源が不足する。

 ■増税 決め手なし

 政府・民主党は、復興に使途を限定した「復興再生債」を発行し、償還財源として所得税、法人税、消費税の「基幹3税」を時限的に増税することを検討している。

 このうち、「有力候補」と位置づけるのが、広く薄く負担を求める消費税増税だ。税率を1%上乗せすると税収増は年間約2・5兆円で、政府・民主党が視野に入れる3%増税を3年間続ければ税収は22・5兆円となり、財源不足を一気に解消できる。

 ただ、消費税は家族や住宅を失った被災者にも負担が生じ、生活必需品の税負担増は復興の妨げになる。デフレ不況下の消費税増税は「消費を冷え込ませ、企業業績の低迷や雇用の悪化を招きかねない」(エコノミスト)との懸念も強い。

 これに対し、所得税増税は、控除の仕組みを使うことで被災者の税負担を軽減しやすい一方、働き盛りの現役世代に負担が偏る恐れがある。

 法人税増税は、所得の多い企業に負担を求めるために個人の生活への影響は少ないが、減税を要望してきた企業の国際競争力を落とし、法人税率の低い国への流出を加速させる可能性が大きい。

 所得、法人税増税のいずれも必要な財源規模に比べて確保できる税収が限られるのも難点だ。所得税は税額を10%上乗せしても年間約1兆円の増収にとどまり、法人税は同じく10%の上乗せで数千億〜1兆円超の税収増だ。

 基幹3税それぞれの増税にはメリット、デメリットがあり、政府・民主党内では「3税を組み合わせて増税すべきだ」との案も出ている。

 ■国債 市場は警戒

 政府・民主党が償還財源の裏付けのある国債発行にこだわるのは、国債増発による市場への悪影響を抑えたいからだ。日本の長期債務残高は、国と地方を合わせて約900兆円に上り、主要国で最悪。返済のあてなく借金依存を強めれば、「国債の信用が落ちて売り圧力を高め、価格暴落と長期金利上昇を招きかねない」(市場関係者)。

 
28: たち01 : 2011-04-22 20:12
続き…

政府・民主党が一般会計から切り離した基金を設け、復興再生債で調達した資金と、返済財源になる増税分を一元管理する仕組みを検討するのも、「収支の透明性を高め、市場と国民の信認を保つ」(民主党幹部)ためだ。

 しかし、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは「今回の震災は(日本国内で国債を消化しきれなくなる)転換点の到来を早めた」と指摘する。日銀が復興国債を引き受ける案もあるが、市場関係者は「日銀が引き受けなければ国債を買い支えられないのかという不安材料になる」と警戒する。

 こうしたリスクに対して財務省は、長期金利が1%上昇すると、利払い費を含む国債費は平成25年度に2・5兆円に膨らみ、消費税1%増税分が帳消しになると試算する。菅直人首相は18日の参院予算委員会で「財政再建の道筋もつけたい」と述べたが、国債発行とセットの増税も、債務リスクを完全に払拭する手段にはなり得ない。

 まして、政府・民主党の一部に浮上する増税分を社会保障財源の穴埋めに衣替えさせるというシナリオは、「復興」とは無縁で、党内からも、「火事場泥棒は許されない」との声が上がっている。

29: たち01 : 2011-04-26 21:06
県復興本部が発足 東日本大震災

東日本大震災からの復興に向け、県の復興本部(本部長・達増拓也知事)が25日、発足した。新たな組織となる復興局も同日設置。今後はこれまでの災害応急対策だけでなく、県全体として復興に向けて本格的に動きだす。

 復興局のスタートに先立ち、局長を務める上野善晴副知事がスタッフを前に「歴史的な大事業に向けてチャレンジすることになったと肝に銘じておいてほしい」と訓示。職務に当たり必要なこととして常に被災地の人のことを忘れない「現場主義」や、いろいろな意見に耳を傾けることとして「スペシャリストの活用」、スピーディーに計画、実行を行うことを挙げ、「一生懸命力を合わせて頑張り、岩手から東北、日本全国の復興を成し遂げよう」と呼び掛けた。

 復興本部の初会合は、災害対策本部員会議に続いて開かれた。廣田淳復興局副局長が復興本部、復興局の概要を説明した後、達増知事は「より多くの希望を持って前進することになるが、被災者が稼ぐ環境を整えることが急務で行政に課せられた職務は重い。連携しながら支援から復旧・復興の道を進んでいこう」と述べた。

 復興本部は本庁各部と広域振興局などが一体的、横断的に事業を推進するために設置。構成は災害対策本部とほぼ同じメンバーで、復興に向けた計画推進と施策の実施、総合調整を行う。

 復興局には企画、まちづくり再生、産業再生、生活再建、総務の各課が置かれ、スタッフは専任41人、兼任4人の計45人体制。各部局の統括とプランニング機能を持ち、復興計画推進の司令塔としての役割を担う。
30: たち01 : 2011-04-26 21:10
こんな事を議員はしてる場合か?


野党 首相の震災対応など追及
自民党など野党側は、統一地方選挙での民主党の敗北を追い風に「菅総理大臣は国民の信を得ておらず、東日本大震災からの復興までは任せることはできない」として、今後の国会審議で菅政権の東京電力福島第一原子力発電所の事故への対応などを厳しく追及し、攻勢を強めていく方針です。

菅総理大臣は25日、政府の震災対応が、統一地方選挙での民主党の敗北につながったという見方を否定し、「私が今やるべき責任を放棄して逃れるのは、私がとるべき道ではない」などと述べ、辞任せず、引き続き政権運営に当たることに意欲を示しました。これに対して自民党など野党側は、統一地方選挙での民主党の敗北を追い風に「菅総理大臣は国民の信を得ておらず、東日本大震災からの復興までは任せることはできない」として、26日に行われる衆議院予算委員会の集中審議など今後の国会審議で、菅政権の福島第一原発の事故への対応などを厳しく追及することにしています。そして、今後、菅総理大臣の辞任を求め、内閣不信任決議案や問責決議案の提出も視野に、攻勢を強めていく方針です。一方、民主党は、来月21日の全国幹事長会議で今回の統一地方選挙の敗因などを総括することにしており、岡田幹事長は「原発対応などを行っている菅政権に対して、党内でその妨げになるようなことは厳に慎むべきだ」と述べ、党の結束を呼びかけました。しかし、小沢元代表は25日夜、みずからに近い参議院議員との会合に出席し、「菅総理大臣には官僚もそっぽを向いている。野党も仕掛けるなら今しかない。このまま黙って見ていたら後世にどう説明するのか」と述べ、菅総理大臣を厳しく批判しており、党内の対立が激しくなっています。

31: 愛歌月 うさぎ : 2011-04-29 07:34
身内の自衛隊が、
女川に行っていたのですが、

長期にわたると交代などもあり、
一時帰宅などもあると思いますが、

今度は、
宮城県石巻〜北上町の災害派遣活動に行きます。

瓦礫除去、人命救助、物資輸送などに行くそうです。

期間は、無期限だそうです。

もちろん誰も入れない立ち入り禁止区域にも入っていくのだと思います。

自衛隊の活躍に心から敬礼いたします。

頑張ってください!!

私も支援を続けていきたい。
32: たち01 : 2011-04-29 22:02
菅首相「原発賠償、最後まで国が面倒見る」

菅首相は29日午前の衆院予算委員会で、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、「一義的には東電に責任があることは言うまでもないが、原発を推進する立場で取り組んできた国の責任も免れるものでない」と述べ、国の責任を認めた。

 そのうえで、地域住民や農業、漁業の被害について「国としてしっかり補償する責任がある」と明言。さらに、事故の早期収拾と補償に関し、「最後の最後まで国が面倒を見るという姿勢で臨みたい」と強調した。民主党の渡部恒三氏の質問に答えた。


「原発賠償、最後まで国が面倒見る」と、国としての責任を認めこれから復興作業に向けて大きな前進になったと思われます。
即時に実行に移してもらいたいです。
33: たち01 : 2011-05-08 02:51
仮設住宅3万戸、5月内完成にめど

仮設住宅の建設を巡って、国土交通省は2日、岩手、宮城、福島の3県が業者に発注した戸数が3万戸に達したと明らかにした。発注から完成まで3〜4週間かかり、「5月末までに3万戸の完成」としてきた同省の当初の目標はぎりぎり達成できる見通し。

 発注が完了した3万戸の内訳は、宮城県1万1309戸、岩手県9660戸、福島県9247戸。2日現在、3県の完成戸数は3857戸だが、今月は毎週7千戸近いペースで完成していく予定だという。

 阪神大震災は発生23日後に3万戸の発注を終えた。一方、東日本大震災は52日間かかった。3県は、東日本大震災の津波で浸水した土地を、津波の再来に備えて建設の対象から原則、外した。避難者が集中する沿岸部は平地が少なく、用地探しが難航したためだ。

 3県の必要戸数は計7万2千戸で、菅直人首相は「お盆までに希望者全員の入居」を目標に掲げている。このため、国交省は今月16日をめどに、お盆までにどのように7万2千戸完成させていくかのスケジュールを公表する方針。

 ただ、このうち用地が確保できているのは5万2千戸分で、用地探しはこれまで以上に難航が予想される。国交省は、5戸以上を建設できる広さがある民有地は、積極的に借り上げを検討するよう被災した市町村に要請している

早く完成してもらいたいものです。

34: たち01 : 2011-05-09 03:12
今日の、ニュースで見たんですが東電側と漁業組合側が話し合いをしていましたが…
話し合いと言うより、当たり前ですが一方的に組合側からの意見、文句が半端なかったです。漁業関係者は風評被害というより、その前の段階だと話します。
東電は、何かあれば国が国がと繰り返しますが、ちゃんと責任を取ることが、一番の復興に向けて、前進すると思います。ちゃんとしっかり補償していただきたいです。
35: 愛歌月 うさぎ : 2011-05-10 10:32
>34で自衛隊のことを書き込みましたが、

身内が宮城県石巻〜北上町の災害派遣活動に無期限で行っています。
身内は元気で何よりです、丈夫な体には、親に感謝しているそうです。

ボランティアを計画している主人に、対して。

「旦那さんもボランティア活動ですねパンチ素晴らしいと思います。
帰って来る旦那さんのためにもうさぎ(私)も体には気をつけて。
まだ余震もあるし、車は、渋滞・道は、凸凹!粉塵・砂塵もすごいから、
体には気をつけてお互い頑張りましょうパンチですね。

状況は、復興に向かってるけど、堤防が決壊して海水が、
入って来て行方不明者も、まだいるし、捜索できない地域もあり、
物資輸送・支援も、あります。

まだまだ被災者の方は、苦しい思いをしているから、やるよパンチ

いざの時の・自衛隊やからねウッシッシ手(チョキ)

PS.子供が手を振ってくれるんやけど、嬉しいねぇ〜ほっとした顔

いろいろな人から、元気をもらってますから、任務完了するまでは、
やりますよパンチ

どんなカタチであれ、お互い頑張ろうパンチですよパンチ

自衛隊の様子でした。
36: ζ`κ-kan-κ~γ : 2011-05-11 09:35
岩手の沖合いの実情は最も過酷ではないだろうか、現在の実情5月10日

日記で書きましたよろしくお願いします

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1719599939&owner_id=31002401
37: 愛歌月 うさぎ : 2011-05-22 20:32
ζ`κ-kan-κ~γさん

コメントありがとうございます。
体調がずっと悪く、遅くなり申し訳ありません。
日記も読ませていただきました。
早く皆が、、被災地が、、少しでも元気になってほしいです、、、

きっと岩手の沖合いのほうにも、自衛隊など行っているとは思うのですが、、
行ってなければ、本当になんとかしなければならないですよね、、

過酷な作業の為か、自衛隊も任務が来たり、解除されて移動になったり
交代やいろいろあるようです。

聞いて知ったことしかかけないので申し訳ないのですが、
少し、宮城県石巻〜北上町の災害派遣活動に行った自衛隊のことを
書かせていただきますね。

先日、身内の自衛隊より

突然ですが災害派遣の任務解除するので、明日帰ることになりました。
自分的には、まだまだやりたいのが、本音です。
でも心配してくれる人もいるし、家族もあるので・・・・。
今自分にできることは、ここまで。
今回の災害派遣では、いろいろなことを教えられ、
直接被災者の人とも接することがあって、経験になりました。
温泉送迎支援では、被災した時の経験を涙ながらに話しかけて来た、
おばちゃんもいて、また会いましょうって言って会えないままで、、、
終わるとこも、、、あって、、心残りかな、、
他にも、たくさんいました、、、
できることなら、二度とこんなことは、起きて欲しくない。
しかし・そうはいかないのが天災なんで、
この経験を無駄にしないようにします。

自衛隊の皆さんもまだまだ
また、災害派遣活動支援が各地で、無期限、
または、移動、交代、あると思います。
体はひとつしかありません、、命もそうです、、、
どうかお体お気をつけて、、、心より感謝致します。

私も4月の20日〜24日くらいまで岩手まで行っていました。
被害が大きくなかったところだったので、、
ζ`κ-kan-κ~γさんの日記には衝撃を受けます。

私もできることしていきたいです。
見てくださっている方もいらっしゃると思います。
また宜しくお願い致します。
38: ζ`κ-kan-κ~γ : 2011-05-25 11:07
5月26日に岩手に向かいます、福祉団体などに一番人手が足りないところはないかと聞いてそこに向かいたいと想います

また日記を挙げさせてください
39: たち01 : 2011-05-30 04:12
温帯低気圧発達、東北・関東などで大雨の見込み

台風2号は29日午後、四国沖で温帯低気圧に変わった。

 気象庁によると、この低気圧が発達しながら日本列島の東に進む影響で、30日は東北や関東地方などで大雨になる見込み。

 同庁によると、30日午後6時までの24時間に予想される雨量は、東北地方太平洋側で180ミリ、甲信地方で120ミリ、関東地方北部で100ミリ。東日本大震災の被災地では、地盤が不安定になっているところが多いことから、同庁では、土砂災害や低地の浸水被害に警戒を呼びかけている。

各地で梅雨入りが発表されている中、台風の影響が各地で予想されています。
特に東北地方に大雨なり被災地の皆様も心配な所です。これから梅雨入りし
被災地再生活動にかなりの影響がありそうですね。ボランティアに関しても、雨の中での活動になります。皆さんお体に気をつけて作業をしてください。
40: たち01 : 2011-05-30 04:15
仮設住宅の着工状況 29日現在

国土交通省によると、東北3県で必要な仮設住宅は、計5万2200戸(岩手1万4000戸、宮城2万3000戸、福島1万5200戸)。当初は計7万2000戸の見通しだったが、民間賃貸住宅の活用が進むなどしたため、減っている。

 27日時点で着工済み戸数は岩手1万588戸、宮城1万4939戸、福島1万445戸の計3万5972戸。完成戸数は岩手4952戸、宮城9233戸、福島3792戸の計1万7977戸で、必要戸数の3割にとどまっている。

41: たち01 : 2011-06-02 04:54
内閣不信任決議案、3党で提出…2日採決へ

自民、公明、たちあがれ日本の3党は1日夕、菅政権に対する内閣不信任決議案を衆院に提出した。

 2日午後の衆院本会議で採決される。

この件に関して意見を言わせてもらうと、国会議員は結局自分の立場、権力を武器にしなくては何も出来ないのかと思う。この震災の件で管総理は民主党からも、野党からも批判を受けでも引かない。やれ、野党は対応が遅いだのなんだのと言って揚げ足をとる。果たして自分が与党の立場でこのかつて無い震災を迎えたときに、ちゃんとした対応がとれていたのか?なんか怒りがこみ上げてくる自分がいます。今政権がどうなのとか、内閣不信任決議案だのそんな暇あるのか?

日本を代表する国会議員がこんな事を今しているのが、信じられません。国会議員で本当に自分の事をさておき、本当に被災地の事を心から考えている議員は何人いますか?
国の代表がこんな事をしているから、前に進むものも進まないと思う自分がいます。自分から言わせてもらえば、このままじゃどこの党が与党になっても変わらないと思う。ちゃんと被災地の事を考えてほしい。
42: ζ`κ-kan-κ~γ : 2011-06-02 07:39
その通りですね、何のための政治なのと被災地のヘドロを顔に掛けてやりたいです、 この不信任案だけでなくその他の議論も今やることじゃないものは沢山あります、

こんなことをしているから景気だって良くならないし、東北の復興も遅れる、背広着て高級車で被災地を視察してるヤツはホント腹が立ちます、長靴でこい、ナメテルとしか思えません
43: たち01 : 2011-06-02 14:44
>ζ`κ-kan-κ~γ さん

コメントありがとうございます。自分と同じ考えの人がいて良かったです。被災地の方の気持ちもやっぱり考えは同じみたいですよ。この被災地の方のコメントを読むと、今まで以上に怒りがこみ上げてきます。政治家ちゃんとしろ。



<内閣不信任案>「被災地に目向けて」怒りとあきらめの声
東日本大震災からの復興の道筋も見えない中で、自民、公明、たちあがれ日本の3党が内閣不信任決議案を提出した。震災発生からまだ3カ月足らず。大津波や福島第1原発事故に見舞われ、避難生活を強いられている人たちからは、怒りとあきらめの声があがった。「私たちの暮らしに目を向けてほしい」。政争に明け暮れる永田町に、被災者の思いは届かないのか。

【まさに党利党略】内閣不信任案:被災地の選管「実施無理」 名簿作りも困難

 「そんなことをしている場合なのか」。岩手県陸前高田市立米崎小学校で避難生活を送る藤丸秀子さん(62)はため息をついた。震災で勤め先の会社が被災して失業し、自宅も全壊した。現在は心臓病を患う夫(64)と認知症の母(84)の3人で暮らし、仮設住宅への入居を待ちわびる。「被災者の暮らしに目を向けてほしい。仮設住宅を出た後の住居が心配。首相が代わっても将来像が描けるとは思えない」と話した。

 同じ陸前高田市の市立第一中学校で避難生活を送る同市高田町の無職、藤村邦夫さん(69)は「野党なんだから内閣不信任案を提出するのは勝手だが、何がしたいのか分からない。どこまで足の引っ張り合いをするのか。これから何が変わるのかもぴんとこない。今は大変な時期だから、与野党関係なく一緒になって頑張ってほしい」と話した。

 宮城県の被災者からも、疑問の声があがる。仙台市若林区の荒浜地区から若林体育館に避難している農業、安達嘉博さん(77)は「政争によって、被災者支援や復興に向けた政策の策定が進まなくなる。津波で家を流され、塩害で農業もできなくなった。震災前のように暮らせるよう政府に期待したいのに、またごたごたが始まるのか」とうんざりした表情で話した。

 宮城県山元町の山下中の避難所に同町山寺から避難中の農業、岩佐としみさん(71)は「力を合わせて震災対策をやるべき時に政治家同士で何をやっているのだろう。家族を失い、財産を失った人たちがいまだにこうやって避難所にいる。政治家は私たちの話をほとんど聞きにも来ない。私たち被災者の気持ちは何も分かっていない」と話した。

 原発事故の影響にさらされる福島県。福島市のあづま総合体育館に、警戒区域に指定された南相馬市小高区から避難している無職、佐藤節子さん(75)は「首相なんて誰がやっても一緒。政治家同士で足の引っ張り合いをしないでほしい」と突き放すように語った。「私の希望は原発事故が収まって、一日も早く自宅に帰ること。それが実現するように、協力し合ってもらいたい」。

 会津坂下町の旅館に葛尾村の警戒区域から避難している畜産業、松本英正さん(69)は、和牛9頭を飼って暮らしていた。何十年もかけて改良を重ね、ようやく軌道に乗り始めたところで震災と原発事故に遭ったといい「今の政権は頼りないが、誰がやっても同じではないか。あんな騒ぎして、復興のためになるのか。われわれのことを考えてやっていることなのか」と語気を強めた。

44: たち01 : 2011-06-11 17:11
今日で震災から三ヶ月になりますね。自分が見た復興の兆し
まだまだガレキの山だらけで一ヶ月前と余り変わってない所が多く見られます。全体の場所ではありませんが、ガレキは残っていても、全部分別されている地域もあります。でも運び出すのにはまだまだ時間がかかるのではないでしょうか?まだガレキは2000万?も残っています。三ヶ月でまだ全体の二割の撤去状態です。仮設住宅ですが菅さんはお盆迄に全工程を終えると言っておりますが、もっと早い対応を必要としています。お仕事に関しては少しずつですが、皆さん頑張って今まで通りの状態に必死になって頑張っています。漁業に関しては急ピッチに船の修理が進んでおり、次々と海に出ている見たいです。少しずつではありますが、前進していることは良い事だと思いました。皆で復興に向けて協力していきましょう。
45: たち01 : 2011-06-28 16:18
仕事を探す
「One Job for Japan」では、ハローワークが提供する仕事情報、公益社団法人が登録する仕事情報の他、有志で書き込みのあった企業様や紹介会社等の求人情報を検索できます。



http://onejob.jp/
46: ζ`κ-kan-κ~γ : 2011-06-30 12:02
お久し振りです、瓦礫は数字では3割やいつ頃完全撤去と言えますが、具体性は全くなく太いライフラインの瓦礫撤去した量だけの話です

あれだけの量を分別するなり埋め立てるなり、集成材にするとかバイオ燃料活用とか、とても難しい問題です

何故ならヘドまみれの瓦礫を細かに別けてきれいにして、乾燥させるには相当の時間と予算がかかるからです

市の方針では民間に投げて計画中とのことです

未だにての入っていない小さな街がありますし、福島はどれだけ遅れて復興されるのか考えるだけでも重いです

日記にも書いていますが問題はまだ山盛りです

岩手へボランティア その1http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1736264177&owner_id=31002401
釜石から陸前高田まで沿岸を行きました、これはこの釜石の日記です

まだまだ書くことがありますが長い復興は長い付き合いと強い「絆」ですね、

これからもちょくちょく書き込みさせて下さい

お疲れ様です
47: たち01 : 2011-07-03 01:08
コメントありがとうございます。凄い実際の状況が伝わってきました。これからも何でもいいのでご協力お願いいたします。お疲れ様です。
48: ζ`κ-kan-κ~γ : 2011-07-16 08:20
7.14南相馬でボランティアしています。げをざいもですがこれはその日記です
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1750405496&owner_id=31002401
7.15は一時帰宅の馬事公苑での現場にいました。海外メディアや東電の安全保安院、警察、自衛隊が沢山いました。
帰宅者は200人以上いましたね、防護服に身を包み、マイクロバスは16台ありました

バスは隅々まで養生されており 、これをこれから何回繰り返すのかと想像しました

あり得ないと、思います。

私なら家財一式まるごと引きとれと言うだろうし、家畜やペットが22万も死んで、、、警戒区域の10キロ未満は死の土と化していて、、、政府との温度差が痛いです

出来れば警戒区域に入ります

自分で報道したいです

スレッド一覧

復興支援ボランティア説明会日時(NPO法人POSSE) 計画停電  東日本復興の道 寄付金・物資援助について ありがとう全国!! 犠牲者の所持品等から推察される氏名等事項一覧 電車で被災地に行くためには 東日本大震災における被災者支援・復興支援ボランティアの募集(NPO法人POSSE) 現実の把握 お米を送りたいマイミクさんを助けてください データー入力作業の協力お願いです。 釜石市の現在の状況  東日本震災 被災地向けの生活関連情報まとめ 避難所・避難者数データ 茨城県!! 現地に支援に行かれた方からのレポートです 【就職希望の被災者の方々へ!】 食料、買いだめはしないように… 福島の方からのご協力要請です。 これからの日本の将来ついて  賛否両論 被災地の方へ応援メッセージ 掲示板 ボランティア募集のお知らせ スキーヤー・スノーボーダーのみなさんへ支援のお願い! ガソリンスタンド 自分に出来る事 福島原発について 福島県民の声 ブラック企業問題に取り組む学生ボランティアスタッフ募集 【学生ボランティアスタッフ募集】ブラック企業問題に取り組む 【NPO法人POSSE 労働/教育/貧困分野で学生ボランティアスタッフを募集します】 ブラック企業問題に取り組む学生ボランティアスタッフを募集 「子どもの貧困セミナー第2弾  被災地からみる子どもの貧困 ―子どもたちとどう向き合うか―」を開催します!

サイト内検索