2006年05月08日 20:11 by りかっち

開幕戦の日本ハム戦で2番手ピッチャーとして登板中

頑張って欲しい!!

1: 口コミさん : 2006-03-26 02:57
青山浩二プロ初マウンドの結果

7回から2イニング登板
打者7人に対して三振2つ、ヒット2本
8回最後はSHINJOに対してダブルプレーで仕留めました。
1年目は中継ぎで頑張ってもらうのでしょうかね?
2: 口コミさん : 2006-03-26 06:54
よかったですね。
3: 口コミさん : 2006-03-26 06:55
ルーキー青山好投、監督も「いいもの持ってる」

一場の後を継いで、ルーキーの青山が開幕戦のマウンドに上がった。 「めちゃくちゃ緊張した」と試合後苦笑して振り返ったが、2回を無失点。野村監督も「いいものを持っている。経験を積ませればよくなる」と話した好投だった。

 ベンチからは展開次第での登板を指示され、ゲーム中盤からブルペンで肩を作っていた。そして、その場面は7回に訪れた。7回は金子を遊ゴロ、マシーアスを三振、森本を中飛と3人で片付ける。8回は小笠原、セギノールと連続安打を許し無死一、ニ塁とピンチを招くも、稲葉を三振、SHINJOを遊ゴロ併殺打に仕留めた。

 今日は力で押したピッチングと「切れていた」と話した変化球を織り交ぜるピッチングを見せた。7回、先頭の金子をストレートで押して遊ゴロ。続くマシーアスにはカーブ、スライダーでカウントを稼いだ後、粘られながらも最後はストレートで空振り三振。そして、坪井はカーブで中飛に打ち取った。青山は「ストレートで三振を奪えたこと。そして、カーブを打ち上げてくれたことが良かった」と振り返った。特にカーブには「打ち上げてくれたので有効だと分かった」とこれからのピッチングに自信を得た様子だった。

 函館出身の青山にとって、プロデビューが奇しくも地元北海道となり、忘れることができないデビューとなったはずだ。
4: れーこ : 2006-03-29 04:31
東京在住ですが、北海道行ってきましたよ!(*´∀`)

まさか、開幕戦で見れるとは。。。
かなり感動しました!
しっかり大きな声を出して、応援してきました!(^―^)

素晴らしい内容でしたよね☆

これからも、頑張って欲しいです♪

サイト内検索