2007年10月04日 18:47

よかったね若旦那

http://m.mixi.jp/view_news.pl?ses=&id=309122&mhome=1


君は偉いよ若旦那ッ!!

てことでもう昔の「湘南の風」に戻ってもいいだろう?WWW



アンチ湘南コミュと勘違いさんがたびたび書いてたネタだけど


素直によかったねッ!!って思えてうれしくなりました(^-^)

1: 口コミさん : 2007-10-04 19:13
何か偽善者とかゆう人もいるけど,偽善でも何にもしない人に文句ゆう資格はないのでは,と思いますよね。
ウチも詳しく分からん病気やけど,このニュース見て素直に嬉しく思いました。
若旦那に,じゃなくて病気で苦しみながらも闘ってる子どもやその家族の方々に本間に良かったねって言葉を贈りたいです。
2: 口コミさん : 2007-10-04 20:20
音楽の問題抜きにして、これはマジで立派。人として偉い。

偽善だろうがなんだろうが、良いことしてることには変わりない。
3: 口コミさん : 2007-10-04 21:22
若旦那!!偉い!!
あの歌聴いたらなんか本来の湘南乃風らしい感じもしたしぴかぴか(新しい)
レゲエの枠を超えてこんなデカイことが出来るのは凄いね!!これが本来のラガマフィンなんかもしれんグッド(上向き矢印)
4: モチキング : 2007-10-20 21:02
この話は本間にレゲェの原点やとおもぅー(長音記号2)ボブさんとからも自分の気持ちを伝えたいからレゲェにしたんやろパンチパンチ
昔みたいに今の湘南からは気持ちが全然とどいてこうへんわ
5: 口コミさん : 2008-01-01 01:08
若旦那は偉いと言うか人間として当たり前の事しただけで偉くはないよ!それが普通だよ!後ハンクンを見習え
6: 口コミさん : 2008-03-05 10:31
若旦那はすごいと思う。
さっきニュースでもやってたけど人間として素晴らしい人だと思う。


SAMIーTさんは当たり前のことだと書いていたけどじゃあSAMIーTさんはできるのか?
絶対に無理だと思う!不可能だ!というか行動しようと思わないだろう。

若旦那が一生懸命頑張って考えて行動したことをまるでバカにしたように書き込みするような人は絶対にあんな素晴らしいことはできない!


そりゃたしかに最近の湘南乃風はレゲエぽくない…でもレゲエ、レゲエじゃないという前に若旦那を中心に湘南乃風がムコ多糖症の子供たちの為に起こした行動はものすごい大変であり、人間的に素晴らしい。


こういう気持ちを持った4人ならすごいレゲエができると信じてるし他の人達にも見習ってほしいと思う。
7: 口コミさん : 2008-03-05 10:54
こういう気持ちは大事だと思いますよ!!
すごいと思いますよ!!


でもレゲエを名乗るのならしっかりレゲエを歌ってほしいですね。昔みたいに!
今の湘南にはそれが一番大事なのでは……。
8: 口コミさん : 2008-03-05 16:48
今の湘南には全く魅力を感じませんが、この事に関しては若旦那は本当に素晴らしいと思います。

心の底からRESPECTexclamation ×2ですわーい(嬉しい顔)

で、皆さんのいう通り昔の湘南に戻ればいうことナシかとわーい(嬉しい顔)
9: 口コミさん : 2008-03-05 19:16
レゲエ=若旦那=ムコ多糖症という一連の流れで報道されていることがみなさんの不満であると思います。世間にはレゲエ=今の湘南乃風と移りますから。僕らは今の湘南がレゲエとは少し違うと思っているから報道のされ方にフラストレーションが溜まります。

1アーティストとして旦那にケチをつける奴なんて誰もいません。
NHKがレゲエ≠若旦那=ムコ多糖症っていう形でバスンと報道したら受信料払う人が増えるかもしれませんね。
10: 口コミさん : 2008-03-06 08:39
音楽も人も変わっていくものです。
彼らが自分達のスタイルを見つけたのならそれはそれでいい事。
でも、これがレゲエだ!とは発信して欲しくはないものですね。

そして、ムコ多糖症の件に関してはホントに立派な事をしたと思います。
ですが、これで終わりではないでしょう。
若旦那が声を張り上げて訴えた事。心に響いたならば私達も真剣に考えなくてはならない問題。

まだまだ助けを必要としている人達はたくさんいる。
私の叔母はダウン症という障害を持っています。
やはり、白い目を向ける人、心ない言葉をかける人はいます。
ホントに腹がたつ。
病気がなんだってんだ。私達と変わらない。一生懸命生きてんだ。

もう少し、考えてほしい。
わかってほしい。

ドラッグラグとは関係ない事かもしれませんが…

私達は若旦那のようにメディアを通し、たくさんの人に呼び掛ける事はできないかもしれません。

でも、道端で困ってるところを助けたり、募金したり、署名したり…簡単な事はできるはず。

小さな力はやがて大きな力になるって若旦那は証明してくれました。

ここで、あーよかったね。で終わらせてしまうのはもったいない
…って私は思いました。

そして、身近にハンデを背負った人がいるだけに、この問題と真っ向から戦ってくれた若旦那に、ムコ多糖症の人の家族ではないけれど、頑張ってくれてありがとうって思いました。

サイト内検索